韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2015年6月16日01時18分 火曜日 【レポ&セットリスト】新生MBLAQ 初来日! 『MBLAQ&Dal★Shabet SUPER LIVE IN OMIYA』@大宮ソニックシティ(2/2)

20150606_omiya_MBLAQ_001

【レポ】新生MBLAQ 初来日! 『MBLAQ&Dal★Shabet SUPER LIVE IN OMIYA』@大宮ソニックシティ(2/2)

20150606_omiya_MBLAQ_003最近どのように過ごしていたかという質問には、スンホが「カムバックの準備を一生懸命頑張って、髪を伸ばして、いっぱい食べて、それからちょっと痩せました。」と答えると、G.Oとミルは「以下同文です。」とわざとそっけない言葉で笑いを誘った。
会場からは「え~!」の声が上がると、「(値段が)高めの自転車を買って、乗っています。安めの自転車を買ったら、あんまり乗らないんじゃないかと思って、頑張って高めの自転車を買って、今ちょっと痩せました。」と言うG.Oに、ミルが「(自転車の値段が)4,800万ウォンです。冗談です。」と言い、笑いを誘った。
そんなミルはスランプで最近、歌詞が書けていないことを告白。ファンの応援に「諦めてないです。がんばります!」とガッツポーズを見せた。

久しぶりにファンに会った気分は、と聞かれると、スンホが「いいです!」と即答。G.Oも「僕もいいです!」と答えると、ミルは「何ヶ月ぶりかにステージに上がったので、デビューした頃に戻ったような気がします。新人歌手MBLAQです!」と心境を語った。

ここでフォトタイムがあると、「落ち着きがないので、じっとはしてません。」と言って、動き回る3人。
「最近みなさんが撮ってくれた写真をSNSで見たら、ものすごくブサイクに写っていました。きれいに直してくれないと。」とミル。
G.Oは会場のファンのボードに「ヒゲは絶対ダメ!ピカピカ、ツルツルを希望。」という言葉を見つけると、「ピカチュウ!」と言って笑いを誘い、会場がMBLAQワールドになったところで、再び歌のステージへ。

20150606_omiya_MBLAQ_004『말하지 말걸..(言わなきゃよかった)』、『낙서(落書)』、『봄 여름 가을 그리고…(春・夏・秋 そして)』の3曲をしっとり歌い上げた。

G.Oが作ったという『봄 여름 가을 그리고…(春・夏・秋 そして)』については、キーを高く作ってしまったので、歌うのが大変で「本当に失敗しました。これはCDで聴いてください。」とG.O。
「G.Oさんが作った曲は、G.Oさんしか歌えません。それで今回のタイトル曲はみんなで作りました。」とミル。
そんな中「もう終わる時間ですね。本当に終わりです。嘘じゃないです。」と言うスンホには、会場から「嘘つき~!」と名残惜しむファンの声が投げかけられた。
「パソコンをつけっぱなして来ちゃったんですけど・・・」と言うG.Oには、スンホが「いつも僕が使ってる言葉なんですけど、盗られてしまいました。新しい日本語です。“これからもずっとそばにいてください”。」と言って反撃。
大盛り上がりする会場に「イコールです。」とG.O。さらに会場からG.Oコールが起こり、頑張って日本語で「みなさんを僕が毎日・・・」と言ったもののうまく言葉が続かず、最後は新曲『거울(鏡)』を1節披露してくれるうれしい場面も。
その新曲の歌詞を説明する時に、通訳さんが訳してくれた「割っちゃいたい」という日本語に興味を示した3人は、ポーズまでつけて「割っちゃいたい!」を連発し大喜び。

20150606_omiya_MBLAQ_005最後の曲に行こうとするも、ファンのもっと話してほしいという声に応えて、「韓国語をみなさんに教えましょうか。」とG.O。
すごくうれしそうに「“강냉이 턴다”(カンネンイ トンダ)」というちょっと珍しい言葉(直訳すると「トウモロコシ払う」、トウモロコシ=歯を意味するので、歯を全部抜いてしまう、という意味)を紹介したところ、韓国語の独特の表現に会場のファンからは?マークが飛び交い、そんな中G.Oは自分で話しながらの自爆(笑)。ミルから「今回のアルバムでは、前回よりも活発に活動しそうです。」といううれしいお知らせがあるも、「“강냉이 턴다”(カンネンイ トンダ)」が笑いのツボにはまってしまったG.Oとスンホ。笑いをこらえつつ何とか最後の曲『전쟁이야(This is War)』へ。

大歓声となり、ここで公演は終了かと思いきや、会場の「MBLAQ」コールに再び登場した3人。
ファンとの別れを惜しむように、ここからまた楽しいトークが続き、独特な発言を連発するG.Oにミルからは「知り合って8年経つけど、まだまだ慣れないですね。」という告白もありつつ、アンコールの『You’re my +』では3人の素敵なハーモニーを聴かせた。
最後はミル「みなさんといつも一緒です。帰るときは気を付けて。」、スンホ「たくさんのみなさんが来てくれて、本当にありがとうございます。」、G.O「最後まで僕たちについて来てください。」と日本語で挨拶し、カムバックの報告などもしつつ、さらに楽しいトークで会場を沸かせ、ステージを後にした。
(完)←前頁

セットリスト
■MINX
1.End of time
2.우리 집에 왜 왔니(どうしてうちに来たの)
3.Tell Me/Wonder Girl~Roly-Poly/T-ARA
 
■Dal★Shabet
1.B.B.B
2.I’m not
3.JOKER
4.Hit U
5.내 다리를 봐(私の足を見て)
6.있기 없기(ありなし)
7.Mr. BangBang
8.Supa Dupa Diva
 
■MBLAQ
1.모나리자(モナリザ)
2.Oh Yeah
3.말하지 말걸..(言わなきゃよかった)
4.낙서(落書)
5.봄 여름 가을 그리고…(春・夏・秋 そして)
6.전쟁이야(This is War)
<アンコール>
7.You’re my +

【関連記事】
【レポ】『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』(GOT7、MBLAQ、チョンギゴ、4Minute、2PM)(3/3)
【写真】『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』ギャラリー3(2PM、MBLAQ、4Minute、GOT7、チョンギゴ)
【M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014】MBLAQ 記者会見&写真

人気記事 おすすめ記事