韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年3月28日21時55分 水曜日 【レポ】今夏デビューのONF(オンエンオフ)日本初ステージ『ONF 1st Fanmeeting~LIGHTS ON in JAPAN』開催!ランダムプレイダンスではB1A4のダンスも披露!(1/2)

20180312_ONF_0312_01

3月12日(月)、B1A4やOH MY GIRLを生み出した韓国の芸能事務所WM Entertainmentが送り出す7人組K-POP新人ボーイズグループONF(オンエンオフ)が初来日し、TSUTAYA・O-EASTで『ONF 1st Fanmeeting~LIGHTS ON in JAPAN』を開催した。
この2部公演の模様をお届けします!

【レポ】『ONF 1st Fanmeeting~LIGHTS ON in JAPAN』 at TSUTAYA・O-EAST(2部)(1/2)

Openingの映像に続きメンバーが登場すると、『LIGHTS ON』~『ON/OFF』と続き、会場からは掛け声の応援が。
ダイナミックな中にも軽やかで細やかな部分を併せ持つONFならではのパフォーマンスで早速魅せると、息を整えて「LIGHTS ON!みなさんONFです!」と挨拶。
続く自己紹介ではそれぞれが日本語でアピール。
ワイアット「ONFのラッパー、ワイアットです。」
ユー「チームでダンスを担当しているユーです。」
イーション「ONFの“イ・チャンユン センセーション”イーションです。」
ヒョジン「最近髪の毛の色を変えたヒョジンです。髪の毛の色、どうですか?」
ラウン「最年少のラウンです。」
ジェイアス「俺のこと“ピカピカスパーク・リーダー”って呼んで。」
エムケイ「♪粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら~、エムケイと申します。」

さらにエムケイが「今日は初めてのファンミーティングに来てくれてありがとうございます。今日のために僕たちが一生懸命準備したので、一緒に楽しんでください。」と続けると、「みなさんに会えて本当にうれしいです。いい思い出を作りましょう。」とジェイアス。

ここでMC古家正亨が登場し、しばしトークタイムへ。
プロフィールが紹介される間、古家の指南を受けたメンバーが「そうなんですよ~」「そうなんですか?」とかわいく相槌を打ち、ファンも大喜び。
今回のイベントのステージに立って、「先輩たちの日本での活動を見て、こうやって僕たちも舞台に立つことができて、本当にうれしいです。全部日本のファンのみなさんのおかげだと思います。その分もっとがんばります。」とラウンが所感を伝えると、その内容もさることながら、その日本語の流暢さにファンからは感嘆の声が。

デビューしてから一番印象に残っていることを聞かれると、“ONF初ショーケース”を挙げたヒョジンは、「僕たちのために観に来て下さったファンのみなさんと家族が応援してくれる姿を見て、もっとがんばらなきゃダメだと考えました。」と健気に回答。“デビュー後初の生放送”を挙げたイーションは「TVで僕たちの姿を見て、本当に感動しました。」と答え、生放送なのに観ることができたのか?とツッコまれると、満点の愛嬌で切り抜けていた。

それぞれが長い練習生期間を経て結成されたONF。練習生期間を振り返ってワイアットは、「僕は7年くらい練習しました。(デビューできて)本当に今でも夢のようです。これを夢ではなく本当のものにしてくれたファンの方々にはいつも心から感謝しています。」と改めて感謝の気持ちを伝えた。
また、練習生期間には歌やダンスだけでなく、語学の勉強もしていたというジェイアスの言葉を受けて、エムケイが中国語、ワイアットが英語で流暢な挨拶を披露していた。

先ほど歌ったデビュー曲『ON/OFF』を最初に聴いた時は、「初めての僕たちの曲だったので、とても緊張しながら聴きました。」というラウン。曲については、「雰囲気も自然で個性もあってかっこいい曲だな」と思ったのだそう。

また、ONFはONチーム(ヒョジン・イーション・エムケイ)とOFFチーム(ジェイアス・ワイアット・ユー)に分かれているのだが、両チームに所属し、自らを“アンド”と称するラウンが、ONチームは“明るいイメージで、感性的なボーカル”、OFFチームは対照的に“パワフルなパフォーマンス”などを特徴としている、とそれぞれのチームの特性を解説してくれた。

最近まで放送され、ONFのメンバーも全員が上位にランクインしたサバイバル番組『MIX NINE』については、「完璧な舞台を作るために、ごはんを食べることもできないし、寝ることもできなくて本当に大変だったんです。でも、一緒に舞台を準備するメンバーたちがんばって、素敵な舞台を作ることができました。本当にいい経験だったと思います。」とヒョジン。エムケイも「初めてダンスを作って、いろいろ練習をして、いい経験になりました。」と、番組出演が良い刺激になったよう。

ここからは“ONFのオフ&オフ徹底解剖!指差しトーク”のコーナーへ。これはお題に合うと思うメンバーを指差し棒で差していくというもの。
最初のお題は“ONFの中で彼氏にするなら誰?”。
エムケイは「僕は男らしい、おもしろい男です。」と自分を選択。ジェイアスは「エムケイがとてもおもしろくて、毎日笑うことができるかもしれない。」とエムケイを選択。ラウンは「無口な性格が好き、ユーくんはあんまりしゃべらない」からと、ユーを選択。ヒョジンは時間内に決めることができず、悩んだ挙句、「エムケイが僕がほしいものを持っているから」とエムケイを選択。ユーを選んだイーションは「僕は掃除をちゃんとすることができないけど、ユーは本当に掃除が上手だから」とコメント。ユーは「めっちゃしっかりしてて、魅力があるから」とヒョジンを選択。ワイアットから、「女性だったら好きになる男性じゃないかと思います。意外に愛嬌があるんです。」と言われたユーは「みなさん愛してま~す♡」と自慢の愛嬌を披露してくれた。

2つ目のお題は“ONFの中で一番料理上手なのは誰?”。
なかなか決めかねているメンバーたちだったが、得意料理を聞かれると、イーション「ラーメン、卵焼き、キムチチゲ」、ジェイアス「ラーメン、キムチチゲ、ビピンパ」、エムケイ「キムチチャーハン」と答え、あまり料理は得意ではないよう(笑)。
ワイアットに至っては、「ハンバーガーしか食べません!」と答え、それも1個食べるのに1分もかからないという、意外な特技を明かしていた。

3つ目のお題は、“ONFの中で1番冷静なのは誰?”。
ジェイアスを差したメンバーが多かったようだが、本人は、「僕はピカピカスパーク・リーダーで、間違いがある時は厳しく教えてあげるから選ばれたんだ。」と分析。
ヒョジンは「本当に怖いです。」と言って、怒った時のジェイアスのものまねを披露してくれた。
また、ラウンも冷静なのでは?と言われると、ラウン本人は「僕も気づいてない部分です。」と冷静にコメントしていた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事