韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年3月28日21時55分 水曜日 【レポ】今夏デビューのONF(オンエンオフ)日本初ステージ『ONF 1st Fanmeeting~LIGHTS ON in JAPAN』開催!ランダムプレイダンスではB1A4のダンスも披露!(2/2)

20180312_ONF_0312_02

【レポ】『ONF 1st Fanmeeting~LIGHTS ON in JAPAN』 at TSUTAYA・O-EAST(2部)(2/2)

トークコーナーが終わると、3曲目の『If We Dream』。座ったまま、じっくりと歌い上げ、良い雰囲気になったところで、後半戦のゲームコーナーへ。

まずは、“チーム対決!!勝つのはどっちだON/OFF”と題されたゲームで、ONチームとOFFチームに分かれて対決を繰り広げた。勝者は会場のファンが事前に配られた黄色(ON)と青(OFF)の紙を掲げて判定するということで、1部ではONチームだったラウンは今回はOFFチームへ。

第1回戦の“お絵かきバトル”では、チーム内で自分の右隣に座っているメンバーの似顔絵を描き、その出来栄えを競った。
ONチームではイーションがなかなかの腕前を見せ、会場からも歓声が上がったが、エムケイとヒョジンは個性的な仕上がりで、笑いも起こっていた。
OFFチームはラウン、ジェイアスがなかなかの仕上がりだったが、ユーは微妙なバランス、ワイアットに至っては、「半分だけを描くと思ったんです。」とお題を勘違いしていたようで、ユーが半分だけ壁から顔を覗かせているような絵になっていた(笑)。
そして、ファンの判定ではONチームが勝利となった。

第2回戦の“ジェスチャーバトル”はお題に基づいて会場にいるファンがより理解できるジェスチャーを作ったチームが勝ちというゲーム。
お題『ねこがワルツを踊る』に対して、『Cat’s Waltz』のダンスで両チームが全く同じポーズをしたため、両チームとも勝利となった。

そして最後の第3回戦“ダンスバトル”では2分間ランダムプレイダンスをして、勝ったチームには3ポイントが入ることに。
TWICE『TT』~BTS『血、汗、涙』~テミン『Goodbye』~B1A4『イゲ ムスン イリヤ』~韓国のお笑い芸人セレブファイブがカバーした荻野目洋子『ダンシング・ヒーロー』という多彩な曲が流れる中、ワイアット以外のメンバーが健闘した(笑)OFFチームが圧勝。中でもラウンの『TT』ダンスは見事だったが、先輩グループB1A4の楽曲は全メンバーが完璧に踊っていた。

勝利したOFFチームは肩を組んでぐるぐる回りながら大喜び。
負けてしまったONチームには、ツイッターに変顔をアップするというは罰ゲームが科された。
(変顔の写真はコチラ⇒https://twitter.com/ONFofficial_JP/status/973203753925992448

チーム対決に続き、個人対決のゲーム“巨大ジェンガに挑戦!”では、最初から不安定だった巨大ジェンガは、3人目のイーションであえなく崩れ落ち、イーションの罰ゲームが決定。一旦舞台袖に引き上げ、再び登場した時には「おにぎりイーションです!」と言って、おにぎりのかぶりものをかぶった、何ともかわいいイーションになっていた。
この状態でフォトタイムが実施され、ファンにたっぷりとサービスしたメンバーたち。
今度は、ファンと共に全体写真を撮るということで、準備のため再びイーションが舞台袖に引き上げると、イーションを待つ間にエムケイが“蚊が噛む声”というマニアックなものまねを披露し、会場を沸かせた。

ここでサプライズでイーションが3月16日のユーの誕生日を祝うケーキを持って登場。
ユーがファンと一緒に誕生日を祝うことができた喜びを伝えると、記念撮影へ。
さらにヒョジンから「私たちONFがビクターエンターテインメイントから今年の夏、日本デビューが決まりました!」とうれしいお知らせがあると、「今年は韓国だけでなく、日本での活動もあるので、本当にたくさん応援してください。」とジェイアス。

イベントも終盤にさしかかり、『Cat’s Waltz』、『Dfficult』の2曲を歌うと、最後の挨拶へ。

ワイアット「僕が本当に後悔しているのは、日本語の勉強をもっとして、みなさんとの意思疎通ができればよかったんですが・・・残念です。次に来る時は、日本語が上手く話せるようにがんばります。」
ユー「こうやって日本でステージができて、メンバーみんなと日本に来ることができてうれしいです。夏にまた戻って来るので、その時にはみんな、来てくれますか?ありがとうございます!」
イーション「最初は本当に緊張したけど、みなさんが応援してくださって、がんばることができました。感謝いたします。」
ヒョジン「僕は初来日となります。普段から日本に来たいと考えていたんですけど、日本に来てみなさんに会うことができて本当にうれしくて幸せでした。今年の夏、日本のデビュー、たくさん楽しみにしてください。」
ラウン「日本のファンのみなさん、いつも応援して下さり本当にありがとうございます。これから日本での活動に力を入れていくので、これからもたくさんの応援よろしくお願いします。」
ジェイアス「日本で僕たちのステージをお見せすることができて、本当に楽しかったです。そしてみなさんにいつも感謝して、毎日会いたかったです。」
エムケイ「みなさんおもしろかったですか?僕もおもしろかったです。今は日本語が下手だけど、もっと一生懸命勉強して、また日本に帰ってきます。」

そして、ヒョジンが「みなさん、本当に惜しいですけど最後の曲です。」と残念そうに口を開くと、メンバーからもファンからも嘆きの声が起こる中、最後の曲『Original』へ。
最後の曲をファンも掛け声で盛り上げ、メンバーはステージを後に。

アンコールでは衣装をチェンジして登場し、『ON/OFF』を再び。ステージに腰掛けたり、左右に動き回りながら、ファン一人一人の顔を確認するように歌うと、最後は全員一列になり、手をつないでの礼をしてイベントを締めくくった。

公演終了後には先ほど個人対決で負けてしまい、おにぎりをかぶって登場したイーションのさらなる罰ゲーム“日本語での場内アナウンス”が行われ、「難しいです。」と言いながらも、最後まで楽しませてくれた。

(完)←前頁

“ONF”Biography
B1A4やOH MY GIRLを生み出した韓国の芸能事務所WM Entertainmentが送り出す新人ボーイズグループONF。その爽やかでキュートなルックス、完成され、洗練されたボーカル&パフォーマンスは、韓国のサバイバルTV番「MIXNINE」でも高い評価を受け、メンバー全員が上位にランクイン。新人No.1の実力を持ち、2018年最も活躍が期待される注目のボーイズグループ。

HYOJIN(ヒョジン)・・・生年月日:1994.04.22/血液型:O型/ポジション:VOCAL
E-TION(イーション)・・・生年月日:1994.12.24/血液型:B型/ポジション:VOCAL
J-US(ジェイアス)・・・生年月日:1995.01.13/血液型:AB型/ポジション:VOCAL・DANCE
WYATT(ワイアット)・・・生年月日:1995.01.23/血液型:O型/ポジション:RAP・DANCE
MK(エムケイ)・・・生年月日:1995.11.16/血液型:AB型/ポジション:VOCAL・RAP
U(ユー)・・・生年月日:1999.03.16/血液型:AB型/ポジション:DANCE
LAUN(ラウン)・・・生年月日:1999.08.12/血液型:AB型/ポジションDANCE

□日本オフィシャルサイト:https://onf-official.jp/ ※プレオープン
□日本オフィシャルTwitter:https://twitter.com/ONFofficial_JP
□韓国オフィシャルTwitter:https://twitter.com/WM_ONOFF
□韓国オフィシャルYouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCgdj5bL5_Il2tqsQ7J4k6zw
□韓国オフィシャルサイト:http://on7off.com

人気記事 おすすめ記事