韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年8月3日20時34分 水曜日 神話カンバックのニュースに、涙!

8/1に韓流MpostのTwitterに、神話カンバックのニュース(下記内容)をいれたら、たくさんの反響がありました。

韓国、最長寿アイドルグループ神話が来年3月歌謡界カムバック!
六人のメンバーが直接出資した神話カンパニーを設立、メンバー達の強い意志で設立が進められた。
グループ”神話”の商標権を持つオープンワールドエンターテイメントのチャンソクウ代表が、神話に電撃的にライセンスを許諾、会社が誕生!

神話カンパニー”の代表は、神話のリーダーであるエリックが引き受けて進めているが、来年2月にイ・ミヌ招集解除後、エリックとイ・ミヌが共同代表を務める予定。
神話メンバー六人それぞれが出資した会社でなので、メンバーらが代表であり、株主として、実質的な会社の経営や運営に直接乗り出す事になる

神話の商標権を許可してくれたのオープンワールド側は、神話の海外公演版権を持つようになったとのこと!
神話すごいですね!!待っていた神話ペンの皆様、いよいよですね!

このニュースを聞いたとき、TAXIという番組でドンワンが話したことがよぎりました。

エリックがリーダーでいてくれて、本当に良かった」と話していたドンワン
以前SMエンターテイメントに所属していて、移籍当時、一番の稼ぎ頭は、エリックで、メンバーより4倍も高い契約金の話があったそうてすが、メンバーと離れるからと、その話を蹴り、リーダーらしくメンバーを引っ張ってくれたと話してました。
ドンワンは、その番組で「僕だったら、1ヶ月は悩むけど、エリックはすぐに蹴って、メンバーを選んでくれた」と。
そして「辛い時も楽しい時も、相手を思えるのが兄弟ですよね…」って感慨深く言っていました。

当時の記者会見で覚えているのは、神話の名前が使えないのでは…など噂がでていたので、その件については「チーム名はいい方向へ進むと思います」と応えていて、記者から「使えなかったときどうするか」と質問されて、ドンワンがちゃめっけを出して「サンファで…」っていったら、エリックから頭をたたかれ、ミヌからは、これ以上余計なこというなみたいな制止をうけていましたが、なんだか微笑ましいかんじを受けました。
名前は、大変な交渉事だったと思いますが、なによりもメンバーと一緒にいることを選んだだなぁと思った記者会見でした。

当時、メンバーを守るため、法律の勉強もしたと言われていたエリック、本当にすごいリーダーシップだと思います。

これから除隊するアンディ、ミヌを待ち、この発表!
本当に、すごいのひとこと!

きっと、神話ペンは、この報をうけて、涙、涙、だったと思います。

待っていた、神話ペンの皆様、あと少しのカウントダウン!
楽しみですね!

チョンマル、チュカエヨ!!

人気記事 おすすめ記事