韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年4月15日12時52分 月曜日 ジャッキー・チェン最後のアクション超大作、クォン・サンウ出演映画『ライジング・ドラゴン』ロードショースタート!

20130415_risingdragon_01

ジャッキー・チェンが自ら体を張ったリアル・スタントから退くことを表明し、中国でジャッキー史上歴代No.1のメガヒットを記録した最後のアクション超大作『ライジング・ドラゴン』という話題作が上陸。

本作は字幕版・吹替版の同時公開。
ジャッキー・チェンの声を担当するのは、30年以上に渡りジャッキーのレギュラー声優を務めてきた、おなじみ石丸博也氏。
石丸氏はほとんど人前に出ないことで有名な超大御所声優です。

20130415_risingdragon_02本作が”ジャッキー・チェン、最後のアクション超大作”ということで、長年の盟友の作品のためにと、石丸氏が初日舞台あいさつに登壇いたしました。

そのほか漫画家で石丸さんとも親交が深い、日本の吹替研究の第一人者とり・みきさん、キュートなヒロイン キャサリンを演じられた魏涼子さん、ボニー役の本多真梨子さん、ケイティ役の堀川千華さんを迎えて、初日舞台あいさつを実施。

石丸さんは、聞き慣れたジャッキーの声で、「イエーイ!この劇場に足を運んでくれてうれしいぜ!サンキュー!謝謝!早く見たいだろう?空から、地上から、ジャッキーアクション満載!これは引退すると思ったよ!(客席からのイヤー!との叫び声に応えて)いやいや、きっとまた作るって。以上、ジャッキー・石丸・チェンでした。」と耳を澄ませばジャッキーそのもの。

20130415_risingdragon_03長い間にジャッキーと石丸さんの組み合わせの声で変わらなかったのはすごいと、漫画家でもあり、吹替えについてのコラムなど書いているとり・みきさんも語っていた。

ジャッキーの歳を重ねた魅力も、この声優も一緒に磨きをかけていた人なんだと、改めておもった。アクションシーンでは、アフレコしながら、自分もアクション付きで吹き込んでいた秘話なども披露。もちろん、字幕で本人の声で味わったあと、是非吹き替えでも、また違った声優さんならではの味わいも楽しめるので、こちらも必見。是非、2度見てみて!

この作品は、ジャッキーらしさが散りばめた作品で、スピード感のあるスリリングなスタントアクションの披露をはじめ微笑ましく思わず笑ってしまうそんなシーンなど盛り込んだ、子供から大人まで楽しめるアクションアドベンチャーの作品となっている。
子供心をくすぐる探検、そしてジャキーの人間性がにじみ出る優しさも表現しているから、みんなのヒーロージャッキーチェンは、健在であった。

最後のアクション超大作になってしまうのは、残念だが、引退ではないのでいままで培ってきたウイットにとむ作品もこれからは、期待したい。

そして、ここ韓流Mpostで、中国・香港作品を紹介した理由のひとつは、この作品に韓国の人気俳優「クォン・サンウ」がジャッキーの右腕として、キャスティングされ、活躍している。

「クォン・サンウ」が、ジャッキー作品に出演している不思議な感覚であったが、これが、なかなかマッチしていた。クォン・サンウのアクションシーンももちろん定評あるが、あのいたずらっ子的な茶目っ気ある表情も、ジャッキー作品ならではの、アクションで惹きつけながらも、必ず笑わせるホッとさせるシーンを演じるのに、こんなにピッタリした人がいたかというかんじをうけた。

「どうしてクォン・サンウをキャスティングしたのか」との質問に、ジャッキーは以前読んだ記事に「以前韓国を訪れた時にクォン・サンウと食事する機会があり、中国に来たら連絡するように言った。その後『チャイニーズ・ゾディアック』を準備している時にクォン・サンウから連絡がきて、ちょうど彼にぴったりの役があったのでキャスティングすることになった」と話していたとおり、本当に違和感なく、ジャッキーファミリーにとけ込んでいた。

本作の公開を記念し、メイン館である角川シネマ有楽町は、4月13日(土)より、本作上映中の期間限定で劇場名を変更することを決定。その名も角川シネマ成龍館!! 映画公開のために劇場名が変わってしまうという、前代未聞の企画が実現。ジャッキー・チェンの中国語表記である【成龍】を劇場名に採用、場内も一新し、『ライジング・ドラゴン』やジャッキー・チェンブランドの”龍”ロゴをあしらった特殊な装飾に変更!すごい、意気込みです。

是非、このスピード感あふれる作品は、劇場に足を運んで体感してみて!!

20130415_risingdragon_04

『ライジング・ドラゴン』
◆初日舞台あいさつ 概要
日時:4月13日(土)16:00~16:20
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
登壇者:石丸博也(JC役)、魏涼子(キャサリン役)、本多真梨子(ボニー役)、堀川千華(ケイティ役)
スペシャルゲスト:とり・みき(漫画家、「とり・みき映画吹替王」著者)

《ストーリー》
19世紀、イギリス軍、フランス軍の中国侵攻により、清王朝時代の国宝が持ち出された。
それは十二支の動物にまつわる秘宝。全12体のうち、現在行方不明の数体を求め、アンティークディーラーのマックス・プロフィット社は、世界を股にかけるトレジャー・ハンターのJC(ジャッキー・チェン)を雇う。
JCが結成した特殊チームは、パリ、南太平洋、中国など、世界各国を駆け巡るが、行く先々に彼らを阻む強敵が現れる。
さらに、秘宝の裏には思いもよらない陰謀が隠されているのであった・・・。
原題:CHINESE ZODIAC(十二生肖)
監督・製作・脚本・主演:ジャッキー・チェン
出演:ジャッキー・チェン、クォン・サンウ、ジャン・ランシン、ヤオ・シントン、リアオ・ファン、ローラ・ワイスベッカー、オリバー・プラット
配給:角川映画
公式HP:rd12.jp
(C)2012 Jackie and JJ Productions Limited,Huayi Brothers Media Corporation and Emperor Film Production Co Limited All rights reserved
4/13(土)全国ロードショースタート!

ライジング・ドラゴン

人気記事 おすすめ記事