韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年11月26日08時55分 水曜日 【レポ】ソン・ジェリム オフィシャルファンクラブ“VIENTO JAPAN(ビエントジャパン)”設立記念ファンミーティング『Song Jae Lim “Smile” 2014 Vol.1』(1/2)

20141115_sjl_0341
11月15日(土)、東京・神保町の一ツ橋ホールでソン・ジェリムのオフィシャルファンクラブ“VIENTO JAPAN(ビエントジャパン)”設立記念ファンミーティング 『Song Jae Lim “Smile” 2014 Vol.1』が行われた。
ソン・ジェリムは、『太陽を抱く月』『感激時代~闘神の誕生』『TWO WEEKS』『ネイルサロン・パリス~恋はゆび先から~』『イケメンラーメン店』など、日本でも話題となったドラマに多数出演し、演技派俳優として注目を浴びている一方、『MEN’S NON-NO』や『POPEYE』など、日本の有名雑誌のモデルとしても活躍していたという経歴の持ち主。
日本のアニメーションとファンから教えてもらって勉強したという日本語はかなりの実力で、今回のイベントはほぼ日本語でのステージとなった。
ジェリム曰く「一つ一つのファンミーティングに特別な意味がある」ので、今日だけが特別ではない、ということだったが、今日はファンクラブ“VIENTO JAPAN”の発足式ということもあり、盛り沢山の内容となった。

ソン・ジェリム オフィシャルファンクラブ“VIENTO JAPAN(ビエントジャパン)”設立記念ファンミーティング『Song Jae Lim “Smile” 2014 Vol.1』

20141115_sjl_0339開演前に、「早く出してくださいよ!」と言ってフライングで登場してしまったジェリムだが、改めてSMAPの『世界に一つだけの花』でスタート。少々緊張している様子だったが、無事に歌い終わると、最後の伴奏を切って「お久しぶりです!早く言いたかったです。」と日本語でファンに挨拶。ここでおなじみのMC古家正亨氏も合流し、早速トークがスタート。8月に公開した映画『トンネル3D』や最近まで韓国で放送されていたドラマ『インヨ姫』のエピソードが語られた。『トンネル3D』はホラー映画だったのでとにかくいつも目を見開いて、叫び声を出さなくてはいけないのが大変だったそう。
『インヨ姫』については、古家から「医学生でエリートシェフ」という複雑な役柄にツッコミが入ると、「医学生のシーンも料理をするシーンもほとんど出てこないです。」と言って会場の笑いを誘った。

ここで会場に遅れてきたファンが到着すると、ジェリムが「遅い・・・。」とツッこみ、さらには「♪世界に一つだけの花~」と聞き逃した歌を歌ってあげる場面も。常に会場に気を配るサービス精神と、ファンに普通に話しかけてしまうというジェリムの親しみやすい性格が表れた場面だった。

そして続くコーナーは“ソン・ジェリムのささいなすべてのこと”と題されたプロフィールトーク。出されたお題に対して、ジェリムがスピーディに答えていくというもの。中でも面白かった質問と回答は、
下着のサイズは? ― M
指輪のサイズは? ― 知らん、フルサイズ
好きな食べ物は? ― すしと牛丼と・・・めし
人生観のモットーは? ― 一か八か
初恋をした歳は? ― 常に初恋、常に最後の恋
理想のスタイルは? ― (ここにいる)みんな。僕を好きな人が理想のスタイルです。みんなきれいです。明かりをつけたらすぐにわかりますけど(笑)。
酒の量は? ― 知るわけがない。酔っ払ったらわからないから。
酒グセは? ― 覚えてないよ。酔っ払ったら記憶ありません。
ストレス解消法は? ― 寝ます。
シャワーの時、どこから洗いますか? ― 頭から。当たり前じゃないですか。まず水をこんなとこ(足)からかける人いないじゃないですか。変なこと考えてたでしょ?ヤバイ(笑)。
大切にしているものは? ― ちょっと前に考えたもの(笑)。
バイクでよく行く場所は? ― 漢江公園
20141115_sjl_0348などなど。この後も、お酒の飲み方やカラオケによく行くという話をしていると、おもむろに前に置いてあったテーブルをどかすジェリム。なんと、テーブルのせいでジェリムが良く見えないお客さんを気遣っての行動だった。さらには椅子からも立ち上がり、その後もファンの要望に応え、モニターをはけたり、その徹底ぶりにファンからも歓声が上がった。

続いては、自身で撮ってきた “ジェリムの一日”というVTRが流されることに。セクシーな寝起きから始まり、ジムで汗を流す様子、美容院でのシャワーシーンまできたところで、機材トラブルでVTRがストップ。待っている間に大好きな猫の話題になると、ジェリムの顔が緩み、猫が好きな理由を尋ねられると、「猫に関しては話すとキリがないんです。だから猫が好きなんですという言葉でまとめたほうがいいんじゃないでしょうか?猫についての思いを語ると2泊3日必要だと思います。」とその思いの強さを表した。時間の関係で、映像は後日“VIENTO JAPAN”オフィシャルページで公開されることに。続きが気になる場面だっただけに、ぜひサイトをチェックしてみては。

20141115_sjl_0379次は“ジェリムの志向”コーナー。猫、バイク、サックス、水泳、食事、寝ることが好き、というジェリムだが、愛用のサックスを取り出し、始めてから1年とは思えないセクシーな音色を聴かせてくれた。それだけにとどまらず、サックスを吹いて音を出すことができたファンにプレゼントが贈られることに。抽選で選ばれた2名はなんとジェリムが使用したマウスピースをそのまま使うという間接キスの上に、バックハグさながらのジェリムの指導もあり放心状態。さらには音が出たご褒美に今流行りの“壁ドン”のプレゼント。ちょうどいい壁がなく、古家の背中を壁にしての“壁ドン”だったが、色っぽく責めるジェリムに、2人とも気を失いそうになっていた。そして最後には、選ばれなかったファンのために、「みんな好きです!」と言いながら床をドンと叩く“床ドン”のサービスまで。
(つづく)→次頁

20141115_sjl_0366

【関連記事】
【写真】ソン・ジェリム オフィシャルファンクラブ“VIENTO JAPAN(ビエントジャパン)”設立記念ファンミーティング『Song Jae Lim “Smile” 2014 Vol.1』 ギャラリー1
【写真】ソン・ジェリム オフィシャルファンクラブ“VIENTO JAPAN(ビエントジャパン)”設立記念ファンミーティング『Song Jae Lim “Smile” 2014 Vol.1』 ギャラリー2

人気記事 おすすめ記事