韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年12月6日16時16分 木曜日 ヒョンビンの除隊に、−10℃の中、約1200人が出迎え!

人気のバロメータとも言われる韓流スターの入隊・除隊現場に集まるファンや報道陣の数において、ヒョンビンは入隊時も国内外から取材陣・ファンが約2000人詰め掛け、国内外で生中継されるほどの大人気ぶり。
本日の除隊も、気温が氷点下まで下がったにもかかわらず、早朝から、韓国国内のみならず、日本と中国からも約1200人もの取材陣・ファンが詰めかけ、除隊を歓迎しました。

12月6日(木)京畿道(キョンギド)華城市(ファソンシ)海兵隊司令部、ヒョンビンはこの日午前10時頃、華城市海兵隊司令部で除隊式を行った。

気温が−10℃まで下がり、前日に降った雪で道路が凍る中、朝早くから集まった約100人の取材陣と1000人を超える国内外のファンの歓迎の中、姿を現したヒョンビンは、「会いたかったです!このような寒くて足下の悪い中、朝早くから来てくださったファンや関係者の皆さんに感謝いたします」と挨拶し、「皆さんかが変わらない応援と関心を寄せてくださったので、無事元気にこうして挨拶することができました」と語った。

また、「約2年の間、とても演技がしたかったです」と言うと、言葉につまり涙があふれて止まらなくなり、集まったファン達から悲鳴のような歓声が上がり、一緒に涙する一幕も…。最後に「皆さんが待ってくださった分、一生懸命準備して、また良い姿をお見せします!」と改めて感謝を表した。日本からも約半年前から“ヒョンビン除隊お出迎えツアー”が組まれ、300人以上のファンが参加した。

また、さらに凛々しくなったヒョンビン、日本では、ヒョンビンの最新作映画『愛してる、愛してない』が、来年3月16日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーが決定しています。この作品は、2011年ベルリン国際映画祭コンペティション部門にて韓国映画として唯一出品された作品です。楽しみですね。
映画について詳しくは→こちら

『愛してる、愛してない』
<ストーリー>
すれ違う想い、近くて遠いふたり。別れからはじまる、男と女の物語・・・。
空港へと走る車の中。それぞれ建築家と編集者として成功した、結婚5年目の夫婦。出張で空港に送ってもらう車の中、妻は夫に突然の別れ話を切り出す。「私、出ていく」。夫は「分かった」とそれを受け入れる。
数日後、二人で暮らした家から妻が出て行く日。彼は無言で妻の荷造りを手伝い、思い出のレストランに予約を入れ、コーヒーを淹れる。荷造りの進まない妻は、これまでの二人の暮らしに想いを巡らせる。そんな中、二人が暮らしてきた家にずぶ濡れになった仔猫が迷い込み、どこかへ隠れてしまう。雨がひどいから、仔猫が出てくるのを待っているから、そんな言い訳を胸に家から出ることができない二人。彼女の旅立ちを遮るように、彼らを世間から切り離すように、雨は降り続けていた―。

監督・脚本:イ・ユンギ『素晴らしい一日』『アドリブ・ナイト』『チャーミング・ガール』
出演:ヒョンビン「シークレット・ガーデン」「私の名前はキム・サムスン」『レイト・オータム』
   イム・スジョン『サイボーグでも大丈夫』『チョコレート・ファイター』
2011年/韓国映画/105分/アメリカン・ビスタ/ドルビーSRD
3月16日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
配給:ポニーキャニオン
公式サイト:aisiteru-aisitenai.com
(C)2011 bom Film Productions co.,ltd. All rights reserved.

人気記事 おすすめ記事