韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年9月20日16時53分 火曜日 【読者レポ】BEASTジャパン・ファーストアルバム『SO BEAST』発売記念スペシャル・イベント!

読者の38kaさんより、BEASTの『SO BEAST』リリースイベントレポが届きました!

【読者レポ】BEAST『SO BEAST』発売記念スペシャル・イベント at SHIBUYA-AX

最近お気に入りのBEAST!
CDを購入すると、イベントに応募できるということで、1枚購入し応募しました。そうしたら、当選!
ここのところ、友人に頼まれて応募したK-POPのイベントやライブのチケットは、ことごとく落選したので、とってもうれしかったです。

指折り数え、楽しみにしていたイベント。とはいえ、ちょっと心配も。。。
K-POPファンは、俳優さんのファンと違い、若いですからね。
その中に入るのは気後れしてしまいます。

そして当日。

予想以上にファンの年齢層は低いです。
制服姿の高校生をはじめ、20歳代のおしゃれな女性が中心です。
私と同年代と思われる方はほ~んと少数。
その上同年代と思われる方の半分くらいは、親子で来ている感じです。
かなり居心地が悪しです。

ほどなく開場時間になりました。
チケットに印刷された整理番号順に入場です。
係の人が、拡声器も持たず、大声で番号を叫んでいます。
ほとんど聞こえません。
「聞こえますか?」って、私より少し若い女性が声を掛けてくださいました。なんか、ほっこりしました。
お話を伺うと、BEASTのイベントやライブには何度もいらしたことがあるようです。その中で、何人かのお友達と知り合ったそうですが、渋谷のイベントも大阪のイベントも、1人ずつしか当選しなかったそうです。私が当選したのに、そんな狭き門だったとはと驚きました。
心して楽しまなくてはいけませんね。

しばらくお話をさせていただいているうちに、私の番が回ってきました。

今回のイベントは、主催者であるユニバーサル・レコードのサイトに、ライブパフォーマンスの予定はない、メンバーのひとりがリストバンドを直接はめてくれる、しかしメンバーを選ぶことはできないと告知されていました。
メンバーを選ぶことはできなくとも、とりあえず、6人を近くで見ることはできると解釈していたのですが、開演を待つ間に聞こえてくるファンの方の声に耳を傾けると、どうやら、各ブースにひとりずつメンバーが待機していて、そこでリストバンドをくれるらしいのです。

ブース???

私の前にいた女性は、「自分でブースを選ぶわけだから、緊張するよね」なんて言いつつ、必死に、1部ではどのブースに誰がいたかをTwitterで検索しています。
ってことは、ひとりしか間近で会えないようです。
これには、かなりがっかり。
たとえ一瞬でも、メンバー全員の顔を間近で見れると楽しみに来たのにね。

そして、場内放送では「メンバーからの提案」という名目で、腕にはめてくれるのではなく、また会う約束として、小指にはめてくれることになったというお知らせが…。
いちいち、腕にはめると時間がかかるという判断なのでしょう。

しかし、よくあるゴム製のリストバンドを想像していた私の頭の中は混乱しました。あの形状は、指にはめられませんからね。
ってことは、リストバンドではなく、指輪に変更になったの?
それとも、指輪にも使えるリストバンド?
最近、髪を結ぶ為のコイル状の輪っかがあるけど、ああいう形のリストバンドなのかしら?

混乱しているうちに、司会の女性の登場です。
会場が一瞬沸くと、司会の女性も慣れたもので、最初からメンバーは出てきませんよ~と軽く笑いを取ります。
司会の方のお話によると、このイベントの応募総数は3万通だったそう。
正直なところ、司会者が「さん」と言った瞬間、30万通と言うのだと身構えたのですよね。そうしたら3万通。
東京大阪各2回、1回1500人として、当選者は計6000人です。
単純計算で5倍の確率。
う~ん、微妙な数字だわ~なんて考えつつ、いよいよBEASTの登場です。

決して近い距離ではないけれど、でも肉眼ではっきり表情がみえました。ひとりひとり簡単に自己紹介をし、司会の方が質問をしていきます。

内容は、、、
忘れました。。。

10分弱ぐらいの短い時間の出来事でしたが、でも初BEASTに少々舞い上がっていたようです。

インタビューが終わり、メンバーが退場していきます。
BGMには『BAD GIRL』が流れています。
突然、ドゥジュンが『BAD GIRL』をワンフレーズ口ずさみました。
そして、ドンウンが続きを少し歌ったような??
やはり彼らは歌手なんですね。歌いたいのですね~。

司会の方が出てきて、「楽屋でもみんなテンションが高くて、ずっと歌っていたんですよ~」というプチ情報を教えてくれました。
ステージでも1曲ぐらい歌わせてあげればいいのにね。

さて、続いて、私たちが退場しながら、リストバンドをもらう時間です。何か考えがあるのか、退場の流れに乗らず脇によけている人もいます。
あまり執着のない私は、自然の流れに身を任せました。
係の人が「3列に並んでくださ~い」と促します。
そして、白い板で仕切られたBOXが見えてきました。A~Fと書かれたBOXに、メンバーがひとりひとり入っているようですが、外からはまったく見えません。耳を澄ましましたが、何も聞こえてきません。
私は真ん中の列にいたので、必然的にCかDしか選択できません。
なんとなくCに行こうとしたら、係りの人の右にどうぞって声が聞こえて従いDに入ったら、そこにはヨソプがいました。
黒いリストバンドを持っています。
「ありがとう」って言って、両手で受け取りました。
でも気のせいかヨソプの表情が固いのです。
次の子には、笑顔で右手の小指にかけてあげています。
そうです。指に掛けてもらうってことを、私はすっかり忘れていたのでした。
ヨソプに、私がもう会いたくないって思っているって思わせちゃったかしら?
実はドゥジュンじゃなくて軽く落胆したのも顔に出ていたかも?

ごめんね。ヨソプ。
でも、言い訳をさせていただければ、第1希望はドゥジュンだったけれど、第2希望はヨソプだったのよ。

退場しながら、性懲りもなくドゥジュンが見えないかしら?って思いましたが、全く見えず、かなり残念でした。
過去にハイタッチや握手を経験した人には物足りなく感じるのでしょうけれど、初BEASTの私は、リストバンドなんてくれなくても、動物園のように前を通りすぎるだけでよいので、ドゥジュンの顔を間近で見たかったなあというのが、正直な感想でした。

ただ、帰る道すがら、大興奮しながら話しているファンもいましたよ。リストバンドをもらう時に大感激していたら、ヒョンスン(たぶん)が頭をなでてくれたそう。
大好きな人と、狭い空間で遭遇したら、それはそれで感激ものなのかもしれませんね~。

ヨソプからもらったリストバンドがこれ。

簡単に、ファンの手首にはめられるよう考えてつくったのかな?
かなり大きめにできています。
直径約7センチ。3.14を掛けると周囲約22センチです。
ご覧の通り、すぐに外れてしまいそうな大きさです。

SO BEAST (初回限定盤A)(DVD付)

SO BEAST (初回限定盤B)(DVD付)

人気記事 おすすめ記事