韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年12月31日12時13分 木曜日 【レポ】JO1初のオンライン単独ライブ“JO1 1st LIVE STREAMING CONCERT 『STARLIGHT』”~成長し続けるパフォーマンスから吉本新喜劇まで?!「JAMの運命を変えるのは僕たち」(2/2)

【レポ】JO1 1st LIVE STREAMING CONCERT『STARLIGHT』(2/2)

星空が映し出されたステージに移動すると“星に願いを・・・”のコーナーへ。
メンバーの持っているペンライトが輝き、自分のカラーで止まったメンバーが願い事をできるというもので、ステージに残ったメンバー川尻、大平、金城、木全、豆原、鶴房の持ったペンライトが光り出すと、赤で止まり、豆原がお願いできることに。5日後に卒業テストを控えている豆原は、「高校を無事に卒業できますように」と、かわいらしいお願い。

次に、白の点滅で鶴房が選ばれると、「ピンポンダッシュをやめてください」のお願い。呼び鈴を鳴らしてもなかなか出てこないという鶴房。用事があった金城が何度も鳴らしてしまったようで、金城は「そのたびは誠に申し訳ございませんでした」と謝っていた(笑)。

そして着替えを終えた與那城、川西、白岩、河野、佐藤が「じゃますんで~」と登場。
すると最初にいたメンバーたちは「じゃますんなら帰って~」、後から来たメンバーたちは「はいよ~」と言って帰るという吉本新喜劇の流れを再現。吉本のお笑い精神を見せつけたところで、川尻、大平、金城、木全、豆原、鶴房は着替えのため退場し、選手交代。

ペンライトが白で止まったので、白岩から「朝、お布団から出られますように」のお願いが。
早起きが得意だという與那城は、アラームを『ロッキーのテーマ』にしているとのことだったが、あまりいいアドバイスにはならなかったようだった(笑)。

続いてペンライトが緑に点灯し、與那城が「JAMのみんなが幸せになりますように」とお願いすると、メンバーたちからは「きゅんです」の言葉。そんな中、白岩は「それはお願いすることじゃなくて、僕らが叶えることなんじゃないですか」とさらに甘い言葉を重ね、JAMの心をさらっていた。

ステージに全員が揃うと、河野・豆原の絶叫のエナジーチャージで気合いを入れ、『GO』『OH-EH-OH』へ。すると、川尻から「次の曲で最後です」と悲しいお知らせがあり、最後は「僕たちの原点の曲です」と豆原が紹介し、『ツカメ~It’s Coming~ (JO1 ver.)』へ。

歌い終わると、メンバー全員大興奮で「楽しかった!」と口々に話し、「終わりじゃないから。これからもライブ、続けていくぜ」と佐藤。
そして「以上、JO1でした!」と挨拶し、ステージを後にした。

ここで終わりかと思いきや、今年行われたイベント、今回のコンサートの練習風景などが映像で映し出され、再び衣装チェンジした11人が登場。
JAMのみなさんへ向け曲だという初披露のバラード『Be With You (足跡)』でじっくり聴かせると、最後の挨拶へ。

佐藤「僕、この間ふと思ったんですよね、奇跡って本当にあるのかなって。こうしてメンバーに出会えたことも、オーディションを受けたことも、JO1としてデビューできたことも、JAMのみなさんに会えたことも、こうしてライブができたことも、全部奇跡なんじゃないかって思ってます。なのでこれからももっと奇跡を一緒にいっぱい起こしていきましょう」

河野「2時間くらい、僕たちのライブをずっとここまで観てきてくれてありがとう。ホンマに夢のようで、これからもどんどんどんどん僕たちJO1が成長して、JAMにカッコいいステージをいっぱい見せていきたいし、ホンマにあったかいですね。これからも、JO1のメンバー、そしてJAM、そして温かいスタッフのみなさんとともに精進していきたいと思いますので、一生ついてきてください」

金城「コロナ禍の中、オンラインという形ですが、こうやってみなさんと楽しめる機会ができて、本当に僕含め、JO1はとても幸せです。みなさんは幸せですか?これからも僕たちは、JO1ができることを精一杯みなさんに届けていきたいと思っていますので、これらかもみなさん温かく、そして体調には気をつけて、応援してください」

大平「1年間、正直辛いことの方が多かったんですけど、今こうやってがんばれているのは、本当にJAMのみなさんとメンバーのおかげです。本当に僕がJO1として活動…(と声を詰まらせる)。こうやってバラードも披露できて良かったです。(涙を浮かべながら)僕が活動する根っこは、JAMのみなさんを幸せにすることなので、これからも幸せにできるように、がんばります」

豆原「こういうライブをできたのは、僕たち自身もすごくうれしかったですし、でもここのステージに立つと、こんなに広い会場にJAMが満杯になったらどうなるんだっていう、そんな期待と共に、今日リハーサルから本番まで、ずっと僕はそんなことを思いながらやったんですけど、やっぱりJAMのみなさんがいないと、僕たちはこういうステージにも立てないですし、パフォーマンスもできないと思うので、これからもずっとずっと、応援してくださるとうれしいな、と思います。そして絶対にJAMのみなさんを会場に呼んで、ライブしたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします!」

川西「JO1が、メンバーが決まってから約1年なんですけど、本当に突っ走ったな、と。できることはやったんじゃないかっていうくらい突っ走ったなと、僕は思っています。それは今をがんばるっていう気持ちでここまで来たから、本当に今年が勝負だと、1年目が勝負だと思ってたんですけど、色々できないこともあったりしたんですけど。来年も2年目が勝負だと思うでしょうね。つまり、今がんばれば素敵な未来が待っていると思うので、そばで見守ってもらえるとうれしいです」

川尻「まずはJAMのみなさん、貴重な約2時間を僕たちのために空けてくれて、本当にありがとうございます。僕たちは本当にこのライブができて幸せです。今僕たちが感じている幸せより、JAMのみんなには幸せになってほしいので、僕たちはもっともっと、11人で協力してがんばります。今日という日、このライブは、たぶん僕たちは死ぬまで忘れない、最高の思い出になったと思います」

木全「本当にすごい一瞬でしたね。これだけ広い会場を借りて、オンラインライブをやったんですけど、やっぱりJAMをいっぱい敷き詰めたいなって、思っちゃって。だから僕らもこれからもずっと努力し続けるので、その日まで待っててください。また会う日まで、ありがとう」

白岩「(スタッフ、家族、メンバー、JAMに感謝の気持ちを伝えると)最近、僕のことを本当の子供のようにかわいがってくれているスタッフさんがいるんですけど、その人と2人で話した時に、『宿命と運命の違いって何ですか?』って聞いたんですよ。そしたら、『宿命は後ろから来るから、変えられない。でも運命は前から来るから、変えられるんだよ』って言われて、じゃあ僕たちJO1がJAMに出会ったのが宿命だとしたら、JAMの運命を変えるのは、僕たちなんじゃないかなと。僕らがいちばんがんばらないと、JAMは幸せにならないと思うので、誰よりもこれからもJO1 11人でがんばっていきますし、支えて下さている周りの方々を幸せにできるようなグループになっていきたいと思うので、これからも温かく見守っていただけたらうれしいです」

鶴房「僕らが3月にデビューして、良い駆け出しをできなかったというか、やっぱりコロナ禍もありますし、お客さんを入れてライブとかもしたかったですし。でもその中で、JAMのみんなが、僕らのために、ある番組に出たら、Twitterとかでタグ付けして、僕らをトレンドに入れてくれたり、僕の誕生日だったり、ルキくんの誕生日だったり、祝っていただいて、大切なものを色々いただいて、本当に感謝してもしきれないくらい、感謝をしております。これからも僕ら、色々努力めちゃめちゃしていくんで、期待しててください。次はぜひ、直接会いましょう」

與那城「3月からデビューして、本当は直接JAMのみなさんに会いたかったんですけど、なかなか会えなかった時期がありまして、だけど、JAMのみんなは僕たちのことをずっと思ってくれて、離れずそばにいてくれて、本当にありがとう。JAMのおかげでこうやってみんなの前でライブができてます。(スタッフ、家族に感謝の気持ちを伝えると)僕たちの物語はまだまだ始まったばかりですので、これから僕たちの成長をぜひ楽しみにして、これからJAMに恩返しをしていきますので、これからもよろしくお願いします!」

ゆっくりと時間をかけて、JAMへの熱い思い、スタッフや家族、メンバーに対する感謝の気持ちを伝えると、最後に「来年も11人力を合わせて、“GO TO THE TOP”を目指していきます!」(鶴房)、「これからも僕たちの成長、限界を超える瞬間を見届けてください」(河野)と締めくくり、「最後は僕たちJO1のスタートの曲です」という川尻の声で最後の曲『無限大』へ。
熱い気持ちが込められたステージを見せると、最後は全員で手をつないでお辞儀をし、「愛してる」「I Love You」「サランヘヨ」と叫びながらステージを後にした。
イベントが終わると、画面には“THANK YOU JAM”の文字も映し出され、最後までJAMへの熱い気持ちを感じさせるステージとなった。

(完)←前頁
フォトギャラリー&セットリスト→こちら

【リリース情報】
1STアルバム『The STAR』
発売日:2020年11月25日(水)

<初回限定盤 Red(CD+DVD)※DVD特典映像(JO1 PARTY)>
 価格:¥3,500(税抜)/¥3,850(税込) 品番:YRCS-95102

<初回限定盤 Green(CD+PHOTO BOOK)>
 価格:¥3,500(税抜)/¥3,850(税込) 品番:YRCS-95103

<初回限定盤 Blue(CD+ACCORDION CARD)>
 価格:¥3,500(税抜)/¥3,850(税込) 品番:YRCS-95104

<通常盤(CD+SOLO POSTER〈11種類の中から1枚をランダム封入〉)>
 価格:¥3,000(税抜)/¥3,300(税込) 品番:YRCS-95105

□JO1公式サイト:https://jo1.jp/
□JO1公式twitter:https://twitter.com/official_jo1
□JO1公式instagram:http://instagram.com/official_JO1
□JO1公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCsmXiDP8S40uBeJYxvyulmA
□JO1オフィシャルファンクラブサイト:https://fc.jo1.jp/

【Amazon.co.jp限定】The STAR【初回限定盤Red】(CD+DVD)(メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】The STAR【初回限定盤Green】(CD+PHOTO BOOK)(ユニットトークイベント応募用デジタルシリアルコード付)

【Amazon.co.jp限定】The STAR【初回限定盤Blue】(CD+ACCORDION CARD)(メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】The STAR【通常盤】(CD+SOLO POSTER)(メガジャケ付)

人気記事 おすすめ記事