韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年9月5日02時05分 木曜日 【レポ】『PRODUCE 101 JAPAN』が、いよいよ始動!TBS系列で9月25日初回放送決定!GYAOで独占動画配信!気になるセンターは?

韓国の国民的オーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版『PRODUCE 101 JAPAN』が、いよいよ9月25日より始動する!

『PRODUCE 101』は、韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された大ヒットサバイバルオーディション番組。10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇っており、この『PRODUCE 101』シリーズの日本版『PRODUCE 101 JAPAN』がスタートする!
さまざまなミッションに挑戦、熾烈な競争を繰り広げ、すべての過程で、100%“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者が決定し、最終的に勝ち残ったメンバーが、ファイナルグループとしてデビューする。

2016年にはガールズグループ“I.O.I(アイオーアイ)”、2017年のシーズン2ではボーイズグループ“Wanna One(ワナワン)”、2018年のシーズン3では、日本人と韓国人で構成されたガールズグループで、HKT48の宮脇咲良らが所属する“IZ*ONE(アイズワン)”が誕生。2019年のシーズン4となった『PRODUCE X 101』では、ボーイズグループ“X1(エックスワン)”が誕生し、8月27日に発売したデビューアルバム『飛翔:QUANTUM LEAP』(タイトル曲『FLASH』)は、HANTEOチャートで1位にランクイン、初動売り上げ50万枚(9月2日現在)を突破した。デビュー当日に高尺(コチョク)スカイドームで行われた『X1 PREMIER SHOW-CON』は、チケット発売と同時に全席完売するほど人気が高まっている。

いずれも期間限定のグループだが、爆発的な人気を誇りグローバルアイドルとして活躍、解散後も数多くのスターを輩出し、人気を得ているので、今回『PRODUCE 101 JAPAN』もグローバルアイドルとしての飛躍に期待がかかる。
日本の国民プロデューサー(視聴者)によって選ばれたファイナリスト11名は2020年にデビューをする予定となっている。

そして国民プロデューサー代表も注目されるところ。韓国では、シーズン1ではチャン・グンソク、シーズン2ではBoA、シーズン3ではイ・スンギ、シーズン4ではイ・ドンウクという名だたるスターが歴代の代表を務め、『PRODUCE 101 JAPAN』では、ナインティナイン(メインMC)の岡村隆史・矢部浩之が務めることが決定している。

番組開始に先駆け1日には番組収録が行われ、練習生のお披露目会も実施された。
(お披露目会の模様は後日お届けします!)
毎回注目されている『PRODUCE 101』シリーズのテーマ曲とセンターだが、シーズン1でのテーマ曲となった『PICK ME』ではセンターはチェ・ユジョンが務め、Wanna Oneを輩出したシーズン2の『나야 나 (PICK ME)(ナヤナ)』ではイ・デフィ、シーズン3では『내꺼야 (PICK ME)(ネッコヤ)』では宮脇咲良、最新シーズンの『PRODUCE X 101』ではテーマ曲『_지마 (X1-MA)(ジマ)』ではソン・ドンピョが務めた。センターになったメンバーは、ファイナルに残り全員がデビューしているというジンクスもある。

今回の『PRODUCE 101 JAPAN』での気になるテーマ曲『ツカメ~It’s Coming~』は、101名の練習生が夢へと向かう“旅”を表現した曲。EDMの代表格“Big Room House”系のサウンドをベースにダイナミックなパーカッションと強いシンスリーフが印象的な仕上がりになっている。このテーマ曲は、3日0時より先行配信がスタートし、全世界のグローパル音楽サービスと、日本国内全ての音楽配信サービスでストリーミング、ダウンロードが可能となっている。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

そして、今回の注目のセンターを務めたのは、川尻蓮(かわしりれん)だった。特技がフリーダンスというだけあって、経歴も華麗でPENTAGONやWanna Oneなどのバックダンサーを務めた経験がある、今後期待の練習生として名を上げた。

練習生には『PRODUCE X 101』で日本人練習生として参加した上原潤、デビュー組としてはHALOのキム・ヒチョン、キム・ユンドン、チョン・ヨンフンなどが参加メンバーとして発表されている。
まだまだ掘り出したら、いろいろ特徴のある練習生がたくさんいそうなので、これからが楽しみである。

また、番組で練習生を指導するトレーナーは、A-NON(ダンサー、パフォーマー、タレント)、サイプレス上野(アーティスト)、菅井秀憲(声楽家・オペラ〈バリトン〉/財団法人二期会会員ヴォーカルディレクター、合唱指揮者)、Bose(アーティスト)、安倉さやか(ボイストレーナー)、WARNER(演出家、コレオグラファー、アーティスト)が務める。

9月25日深夜にTBS系列(一部地域を除く)での初回テレビ放送と、年末の最終回の放送が決定。26日からは無料動画配信サービスGYAO!にて、全12回のインターネット動画配信が行われ、番組と連動して公式SNSでも特別映像の公開を随時行う。また、メインスポンサーとしてソフトバンク株式会社が協賛することも発表された。

視聴者(日本国民)は、国民プロデューサーとして、それぞれのお気に入りのメンバーに投票することが可能。
投票はGYAO!投票ページにて、期間中は毎日行うことができ、1回に投票できる人数は期間中に変動。
投票期間はTBS系列(一部地域を除く)の番組内で発表される。

【番組情報】
『PRODUCE 101 JAPAN』
出演者:国民プロデューサー代表 ナインティナイン(矢部浩之、岡村隆史)、PRODUCE 101 JAPAN練習生101人

≪テレビ放送≫
 放送局:TBS系列 ※一部地域を除く
 放送日時:初回(#1)2019年09月25日(水)深夜0時01分~1時00分/最終回(#12)12月放送予定

≪インターネット動画配信≫
 配信サイト:GYAO! ※独占配信
 配信日時:2019年9月26日(木)午後9時00分~午後11時00分 ※全12回、毎週木曜午後9時更新
※会員登録不要、無料でご覧になれます。
 番組特設サイト:https://gyao.onelink.me/AeWv/a9b4fa0b

≪101人の練習生プロフィール≫
 https://produce101.jp/

□『PRODUCE 101 JAPAN』公式サイト:https://produce101.jp
□『PRODUCE 101 JAPAN』公式Twitter:https://twitter.com/produce101jp
□『PRODUCE 101 JAPAN』公式Instagram:https://www.instagram.com/produce101japan_official
□『PRODUCE 101 JAPAN』公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC-smiHPuMela07NTmpF6hZw

人気記事 おすすめ記事