韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年7月17日12時00分 水曜日 「金正日専用の冷凍テント」とは?!映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』 《金正日と対面!》本編映像 解禁!併せて、《金正日の別荘》新場面写真3点も解禁!

『タクシー運転手 約束は海を越えて』、『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作として話題の『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が、7月19日(金)より、シネマート新宿ほか、全国ロードショーとなります。

本作は、1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態が高まる中、北への潜入捜査を命じられた実在の工作員、黒金星(ブラック・ヴィーナス)による緊迫感溢れる工作活動と、命を賭けてまで尽くした祖国の闇に気づき苦悩する姿を描く衝撃のサスペンスドラマ。
派手なアクション、目まぐるしい追撃戦、華やかな新兵器の饗宴など、我々がよく知るハリウッドスパイ映画の“アクションヒーロー”とは一線を画す、徹底的に熾烈なまでの心理戦を台詞の応酬で描いた新たなスパイ映画だけあって、個性と演技力を兼ね備えた韓国を代表する俳優たちが総出演!工作員と事業家の二つの顔を使い分ける対北工作員の黒金星(ブラック・ヴィーナス)には、韓国映画において忘れることのできない人気俳優ファン・ジョンミンが扮している。北朝鮮の最高位層の人物リ・ミョンウン役には、映画やドラマ問わず彼が演技をした瞬間、観客がキャラクターの存在理由を信じてしまう名優イ・ソンミン。韓国の国家安全企画部(現在の国家情報院)室長として工作戦の総責任者チェ・ハクソン役は、これまでの既存の作品とはまた一味違った姿で演技の幅を見せる『お嬢さん』のチョ・ジヌン。北朝鮮の国家安全保衛部の要員チョン・ムテクを演じるチュ・ジフンは『アシュラ』で共演したファン・ジョンミンとは北と南という関係で再会する。そして、韓国映画史上初、金正日を完璧に演じるのは、ホン・サンス監督の作品に8回も出演し、『川辺のホテル』で第71回ロカルノ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞したキ・ジュボン。

この度、あの金正日が現代に蘇る!《金正日と対面する》本編映像が解禁!

機械のように規律正しい軍人たちが周りを取り囲む謁見の間は、全てを飲み込む威圧感を放つ。緊張感と異質感が漂う空気の中、他者を寄せ付けない圧倒的オーラの金正日が登場。満を持して登場した金正日の姿は本人としか思えない驚愕のクオリティだ。金正日の姿を完璧に再現した特殊メイク担当は、ハリウッドで『ブラック・スワン』、『メン・イン・ブラック3』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などの特殊メイクを手がけた「Prosthetic Renaissance」。金正日の特殊メイクだけにかかった費用は、驚愕の2億ウォン(日本円にして約1800万円)!アメリカと韓国を行き来しながら、顔はもちろん、お腹まで型を取り、ボディスーツを製作。この一つのシーンの撮影に3日もかけたそうだが、それも当然で、毎日の特殊メイクにかかった時間はなんと6時間。真夏の撮影で、汗でメイクが落ちるのを防ぐために「金正日専用の冷凍テント」までが用意されたそうだ。さらに、本編映像に登場するマルチーズには美容・訓練費合わせて2500万ウォン(日本円にして230万円)もの莫大な費用がかかっている。スタッフ陣の技術の結晶によって生み出された金正日は、まさに“現代に蘇った金正日”そのものだ。

併せて、底知れない威圧感を放つ《金正日の別荘》の新場面写真3点も解禁!北朝鮮の建築様式の特徴が活かされた、宮殿のような金正日の別荘と、完成まで4ヶ月もの時間をかけて再現した巨大壁画は、すべてが思うがままの金正日の権力の象徴そのもの。圧倒的な迫力と、不気味で底知れないスケールを放っている。黒金星(ブラック・ヴィーナス)の目を借りて、金正日の別荘へ潜入せよ!

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
<STORY>
1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態がたかまるなか、軍人だったパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北の核開発の実態を探るため、コードネーム黒金星(ブラック・ヴィーナス)という工作員として北朝鮮に潜入する命令を受ける。事業家に扮したパクは3年にもおよぶ慎重な工作活動の末、北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長(イ・ソンミン)の信頼を得ることに成功し、北朝鮮の最高国家権力である金正日と会うチャンスをものにする。しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を賭けた工作活動が無になることを知り、パクは激しく苦悩する。果たして彼は祖国を裏切るのか、それとも国が彼を切り捨てるのか。また北朝鮮はパクの工作に気づくのか―。

監督:ユン・ジョンビン(『群盗』、『悪いやつら』)
出演:ファン・ジョンミン『哭声/コクソン』、『アシュラ』
   イ・ソンミン『目撃者』、「ミセンー未生ー」
   チョ・ジヌン『お嬢さん』
   チュ・ジフン『神と共に』2部作、netflix「キングダム」、『アシュラ』
原題:공작/2018年/韓国/カラー/137分/提供:ツイン・Hulu/宣伝プロデュース:ブレイントラスト
公式HP:http://kosaku-movie.com
(C)2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
7月19日(金)シネマート新宿ほか、全国ロードショー

人気記事 おすすめ記事