韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年7月11日16時16分 日曜日 日本初公開の韓国映画がWATCHAにやってくる!!7月よりイチオシ韓国傑作映画の順次配信が決定!!7月はドラマ・ホラー・コメディ・サスペンスなど11作品が配信!!

映画好きのための新しい月額動画配信サービス「WATCHA(ウォッチャ)」にて、これまで日本で劇場公開されていなかった韓国の数々の、ドラマ・コメディ・サスペンス・ホラーなど幅広いジャンルの日本初公開の傑作映画を中心にラインナップし、7月より順次配信されることが決定しました。第一弾として7月に11作品、7月14日(水)から6作品を、7月28日(水)から5作品を配信開始します。今後の配信作品は後日発表となる予定です。

第一弾として7月14日(水)から配信開始となる、イ・ジェフン(「シグナル」『建築学概論』『金子文子と朴烈』)主演で学校の内外で形成される権力に悩みもがく若者たちを克明に描いた『BLEAK NIGHT 番人』は、ユン・サンヒョン監督が韓国国立映画アカデミー(KAFA)在学時に制作した独立系映画で国内の映画賞を賑わせました。韓国でHIP HOPブームを起こした実在のオーディション番組「SHOW ME THE MONEY」に参加する主人公を描く『サンセット・イン・マイ・ホームタウン』では、本作のために1年近くラップの練習に励んだパク・ジョンミンと、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」でヒロインを好演したキム・ゴウンが、過去の自分と向き合いながらも激動の日々に情熱を燃やす若者の青春を熱演。1,000人以上のオーディション参加者から選ばれた子役のチョン・ジフン(「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「マザー 無償の愛」)と韓国の国民的おじいちゃん俳優イ・スンジェ(「ホジュン~宮廷医官への道~」「イ・サン」「馬医」)が主演を務めた『ドクグ ~スタンド・バイ・ミー~』は多文化な家族が紡ぐ日常生活を暖かな視線で描いた感動作です。

また、7月28日(水)から配信開始となる、幼い頃に孤児院で生き別れた兄弟が劇的に再会し母親を探す珍道中を追ったブラックコメディ『ウィ・アー・ブラザー!』では、チョ・ジヌン(『お嬢さん』『最後まで行く』)とキム・ソンギュン(「応答せよ1994」)が正反対の兄弟を演じ育った地域の文化や言語の違いで衝突しつつも変えがたい絆を築く様子が笑いと感動を誘います。韓国のレース史上、最も感動的な挑戦を生み出した競走馬「ルナ」の実話を元にした『奇跡のジョッキー』はイ・ファンギョン監督(『7番房の奇跡』『あいつはカッコよかった』)がメガホンを取り、チャ・テヒョン(『神と共に-罪と罰』『猟奇的な彼女』)が視力を失いながらも馬と心を通わせレース優勝を目指す騎手を熱演しました。

映画レビューサービス、WATCHA PEDIAの韓国版には既に鑑賞した韓国の映画ファンから、いよいよ日本でも配信となる各作品に対する熱い映画レビューが集まっています。

『BLEAK NIGHT 番人』
●誰もが共感できる人間関係づくりの難しさ。
●少年特有のダイナミクスを感じる。その引力と斥力の迷路からは、時にきらきら光るものが見える。
●「最初からお前さえいなければいい」という言葉に、耐えてきたものが途端に崩れ落ちた時の主人公の演技が印象的。
●主人公はあまりにも脆くて傷つくことを恐れていたが、もう少し素直になる必要があったと思う。

『サンセット・イン・マイ・ホームタウン』
●笑いのポイントが意外と多くて、俳優たちの演技を見ることが楽しかった。
●悲しみと希望、その間のどこかで共感できるラップが印象的だった。詩的感性が魅力的な映画。
●誰かと一緒に夕日を見たくなった。

『ドクグ ~スタンド・バイ・ミー~』
●祖孫家庭、国際結婚など最近多文化家庭が増えてきている韓国社会にとって、肯定的な影響を与える映画だと思う。
●主演のイ・スンジェがノーギャラで出演とのことで、彼の作品に接する態度に感銘した。
●ありふれた話に見えるがイ・スンジェと子役の演技と細かいディテールで妙に胸が締め付けられる感動が感じられる。

『ウィ・アー・ブラザー!』
●俳優たちの熱情的な演技が本当にいい。泣き笑える楽しい映画。
●主演2人の組み合わせが素敵で笑って感動した。落ち込んでいる日に見たい作品。退屈な時間がない!
●さまざまな作品で驚くべき演技を見せる助演俳優が出演、チャン・ジン監督の腕前が光るヒューマンコメディ。

『奇跡のジョッキー』
●すべての俳優の代役が思い浮かばないほど完璧な組み合わせ。
●見え透いた嘘にだまされて、分かっているのにだまされて…実話を元にしているそうで感動しました。
●馬の演技がどうやって映画を撮ったのかと思うくらい素晴らしかった。これが本当にあった話だなんて不思議。

さらに、先日より、WATCHAおよびWATCHA PEDIAの新サービスとして、映画に関わるプロフェショナル(映画ライター、映画評論家、メディア編集部など)が参加し、プロの視点でセレクトした様々なテーマのオススメ映画を“まとめリスト”として掲載する”シネマコンシェルジュ”サービスが開始となりました。本サービスを通して、映画好きのユーザーへより一層、”映画との新しい出会い”を提供します。
■ WATCHA PEDIA、コンシェルジュを開始しました:)
https://note.com/watcha_jp/n/neba1184395ab

【配信情報】
<7月14日(水)配信開始 6作品>※五十音順
『アリス:ワンダーランドから来た少年』
2015年/115分/ファンタジー・ホラー
英題:ALICE: BOY FROM WONDERLAND
監督:ホ・ウンヒ
出演:ホン・ジョンヒョン、チョン・ソミン ほか

『大人図鑑』
2017年/92分/ドラマ
英題:ADULTHOOD
監督:キム・インソン
出演:オム・テグ、イ・ジェイン ほか

『サンセット・イン・マイ・ホームタウン』
2018年/123分/ドラマ
英題:SUNSET IN MY HOMETOWN
監督:イ・ジュンイク
出演:パク・ジョンミン、キム・ゴウン ほか

『ドクグ ~スタンド・バイ・ミー~』
2018年/91分/ドラマ
英題:STAND BY ME
監督:バン・スイン
出演:イ・スンジェ、チョン・ジフン ほか

『2階の悪党』
2010年/115分/サスペンス・コメディー
英題:VILLAIN & WIDOW
監督:ソン・ジェゴン
出演:ハン・ソッキュ、キム・ヘス ほか

『BLEAK NIGHT 番人』
2010年/117分 /ドラマ
英題:BLEAK NIGHT
監督:ユン・ソンヒョン
出演:イ・ジェフン、ソ・ジュニョン、パク・ジョンミン ほか



<7月28日(水)配信開始 5作品>※五十音順
『ウィ・アー・ブラザー!』
2014年/102分 /コメディドラマ
英題:WE ARE BROTHERS
監督:チャン・ジン
出演:チョ・ジヌン、キム・ソンギュン ほか

『奇跡のジョッキー』
2011年/133分 /ドラマ
英題:CHAMP
監督:イ・ファンギョン
出演:チャ・テヒョン、キム・スジョン、ユ・オソン、パク・ハソン ほか

『最後の約束』
2007年/104分 /ドラマ
英題:MY 11TH MOTHER
監督:キム・ジンソン
出演:キム・ヘス、リュ・スンリョン ほか

『動画をクリックしただけなのに』
2012年/93分 /ホラー
英題:DON’T CLICK
監督:キム・テギュン
出演:パク・ボヨン、チュウォン ほか

『私の小さなピアニスト』
2006年/108分/ドラマ ※本作は2007年に日本劇場公開されました。
英題:FOR HOROWITZ
監督:クォン・ヒョンジン
出演:オム・ジョンファ ほか

【WATCHA】
WATCHAは、新作やオリジナルだけではない、『ラ・ラ・ランド』『最強のふたり』などの映画好きが何度も繰り返して観たくなる名作や、韓国でYouTube累計再生1億6,000万回超えを記録したNo.1リアリティショー『カッチャサナイ』や韓国で大ヒットしたハイパーリアリティあるあるドラマ『中小企業物語』など他ではなかなか観れない面白い作品を配信しております。他にも様々なまとめなどを、豊富なデータによりパーソナライズしております。映画好きの皆様に自分が知らなかった作品と出会っていただける動画配信サービスです。
公式ページはこちら⇒https://watcha.com
アプリダウンロード/WEB視聴はこちら⇒https://watchaplay.onelink.me/GUi2/911df325

人気記事 おすすめ記事