韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年5月8日09時05分 水曜日 【レポ】若手実力派俳優ヨ・ジング2年半ぶりの来日ファンミーティング『YEO JIN GOO JAPAN FANMEETING 2019 -Brilliant Spring Day-』~ウサ耳ダンスや動く絵文字も披露!「一生、僕たち一緒にいましょう」(2/2)

【レポ】『YEO JIN GOO JAPAN FANMEETING 2019 -Brilliant Spring Day-』 at LANDMARK HALL(2/2)

ここでスペシャルステージの準備のため、ジングは一旦退場、この間に『王になった男』のスペシャル映像が流された。

そしてスペシャルステージでは、ピアノの弾き語りで日本のバンドback numberの『ヒロイン』を熱唱。
ピアノの優しいメロディと、ジングの深みのある声がマッチして、とても心地よい気分になった。
本人はとても緊張していたようで「あまりにも緊張していて、途中で歌いながらピアノを間違ったり、ピアノが上手くいったんだけど歌が間違ったりで、すみません」と申し訳なさそうにしていた。

続いては“ミッションコーナー<キャラクター最強戦>”
事前にファンから募ったアンケートで、これまでジングが演じたキャラクターの中からお題に合ったもの1位が発表されることに。該当シーンの映像も流され、その演技力を改めて感じることに。

最初のお題“最強の恋愛マスターは?”で1位になったのは、『ひと夏の奇跡』でヘソンが缶のプルトップを指輪にしてあげるシーン。
この場でも告白をしてほしい、というYumiからのリクエストに応え、「今日きれいだね。僕たち付き合わない?」と照れながら告白するも、「日本語で」という会場のリクエストに「今日かわいいね。付き合わない?」と再び告白。
さらにお題ごとにミッションもやらなければいけないということで、“靴を飛ばしてカゴで受け取れ!”なるミッションも。『王になった男』の王妃の願いを叶えるために水の中に石を投げるシーンをイメージし、自分で投げた靴をカゴで受け取るもので、これは一発で成功。ジングも「やった!」と大喜び。「実は(『王になった男』の)撮影の時は1回も入らなかった」という裏話まで教えてくれた。

続いてのお題は“最強の泣きマスターは?”で1位になったのは、『テバク~運命の瞬間~』の衝撃を受け嗚咽するヨンジョ。
「元々韓国では、男は生まれてから3回泣くと言われているんですけれども、僕はたくさん泣きましたね」と笑顔を見せ、涙の演技については「もちろん演技というのは全て難しいものなので、涙を流すシーンも難しいんですけれども、そういうシーンがある時は、まず台本をじっくりと読み込んで、音楽を聴いたりして助けにしています」と話したジング。
自身では1位だと予想し、僅差で2位だった『ひと夏の奇跡』のシーンについては、「愛するジョンウォンを置いて去らなければいけないということで、とても悲しい気持ちで演じたのを覚えています」と教えてくれた。
そしてここでのミッションは“20秒以内に涙を流せ!”という難問。
しかし、さすがキャリア14年のジング、ファンのことを想っていたら「幸い20秒以内に涙が出てきました」と、このミッションを見事にこなし、会場を驚かせた。

最後のお題は“最強のアクションマスターは?”で1位は『ファイ:悪魔に育てられた少年』の一発的中の射撃能力。
アクション演技をする時は「下手をすると、相手も怪我をして、自分も怪我をするという状況になりますので、感情の演技も大事にしながら、息を合わせて一緒に演技をして、安全を守って演技をするということに気を使っています」というジング。
ミッションは“射撃の実力を見せろ!”で、積み上げられた6本の缶を銃で撃って倒す、というもの。
最初は順調に倒していったものの、最後は苦戦、1本を残し玉切れとなってしまった。

ファンにはうれしいプレゼントコーナーは、すごろく形式で出た目のミッションをジングがこなせたら、ファンがプレゼントをもらえるというもの。
サイコロを振り、最初のミッションは“ヒーリングボイス―詩の朗読”。ジング自身も好きだというナ・テジュの詩を素敵な声で朗読し、クリア。
その後、会場全員が撮影できる“フォトタイム”、今流行りの“ウサ耳ダンス”、客席に降りてのファンとの“じゃんけん”のミッションをこなし、最後のミッションは“動く絵文字”。お腹が鳴る音“コルルッ”、“どうしよう”、“すねちゃった”、“おやすみ”、吹き出す音“プッ”を見事に表現し、大盛り上がりとなった。
抽選で当たったファンには、『王になった男』サイン入りフォトエッセイ、『ひと夏の奇跡』サイン入りポスターなどのプレゼントが贈られた。

ファンとの記念撮影を終えると、ここで最後の挨拶。
「これからも10年後も20年後もファンミーティングをすることができるようにがんばります。一緒に!」と日本語で話し、ガッツポーズも見せると、「今日はみなさんにとって幸せな時間になったでしょうか?僕自身はとても緊張してミスもありましたので申し訳なく思っています。今は次の作品の撮影に入っているんですけれども、がんばっていますので、どうか期待して下さい。みなさん愛してます」と伝え、さらには手紙のプレゼントも。
5分を超える日本語で書かれた手紙には、いつもファンが送ってくれるファンレターを楽しみにしていることや、最近日課にしているという散歩について、そしてもちろんファンへの気持ちがたっぷりと盛り込まれ、「みなさんは俳優ヨ・ジング、そして人間ヨ・ジングが、いつも一歩前に進むための大きな力をくれています。本当にありがとうございます。一生、僕たち一緒にいましょう。ありがとうございます」という感謝の言葉で締めくくられていた。

そして最後は多くのアーティストにもカバーされているポール・キムの名曲『Every day, Every Moment(모든 날, 모든 순간)』を歌い、ハートポーズでステージを後にした。

エンディングの映像では、ピアノの練習をするジングの様子も映し出され、ファンにその余韻を楽しませ、終演後には握手会で、久々に再会したファンに、惜しみない愛情を贈ってくれた。

(完)←前頁
フォトギャラリー→こちら

【放送情報】
『王になった男』(原題)
KNTVで6月29日(土)日本初放送スタート 毎週(土)午後8:50~10:20
〈再放送:毎週(金)正午~午後1:30)
□Yeo Jin Goo JAPAN OFFICIAL FANCLUB「YEO U JAPAN」:https://www.yeo-jingoo.jp/
□ヨ・ジング日本公式オフィシャルツイッター:@yeojingoojapan(https://twitter.com/yeojingoojapan

人気記事 おすすめ記事