韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年12月3日09時04分 水曜日 【レポ】ジョンフン 「John-Hoon-MUSIC STAGE-」 in 豊洲PIT(1/2)

20141116_JH_IMG_6136
11月16日(日)、東京・新豊洲の豊洲PITにて「John-Hoon-MUSIC STAGE-」と題した、ジョンフンのスペシャルライブが開催された。ジョンフンは韓国ドラマ『宮~Love in Palace』で日本でも俳優としてその名を知られることになったが、元々は歌手としてデビューしており、その実力は折り紙つき。ファンミーティングなどのイベントは定期的に行われていたが、本格的なライブとしては約2年ぶりということで、その歌声を聴こうと、たくさんのファンが詰めかけた。

ジョンフン 「John-Hoon-MUSIC STAGE-」 in 豊洲PIT

開演を待つ中、会場にはジョンフンの声で場内アナウンスが流され、まずは少し和むと、今度は“スタッフのこころの声”なるユーモア溢れるコメントがスクリーンに映し出され、会場からは笑いが起こった。最後はみんなで「ジョンフン」コールをすると、イントロが始まり、1曲目の『サクラTEARS』を歌いながらジョンフンが登場。少し緊張している様子だったが、一気に客席のファンが立ち上がり応援すると、ジョンフンからも笑みがこぼれた。

20141116_JH_IMG_6703「みなさん、ジョンフンのミュージックステージへようこそ!」と日本語で挨拶すると、続けてMCのYumiを呼び込み、早速楽しいトークタイムへ。前回7月の来日から4ヶ月間どうしていたかを聞かれると、「韓国でドラマ撮影と、テレビ番組の撮影と、いろんなお仕事をして、久しぶりに日本に来ました。」と多忙な日々を送っていた様子。
「久しぶりのジョンフンさんに会えて、みなさんうれしいですか?」との質問には会場が大きな拍手で応えた。
1曲目を歌い終えて“超”緊張しているというジョンフンに、「今、大画面に映ってますよ~。素敵ですよ~。笑った時にちょっとだけ(目じりにシワが)ピピピって入るのよね。」とYumiの絶妙なツッコミが入ると、「(このシワは)小学生の時から!」とジョンフンも徐々に緊張がほぐれてきた様子。
会場からかかる「かっこいい!」「かわいい!」の声には照れながらも、昨日日本に着いてどのように過ごしていたか聞かれると、「ファンのみなさんに会うのもうれしいですけど、やっぱり日本の食べ物を食べることもうれしくて、カレーと豚肉をいっぱい食べて、今日はたぶん昨日より、(体重が)2~3キロ、もっとヘビーに(重く)なったと思う。」とのエピソードに会場からは笑いが。
その後は、飛行機移動後の本番前日にも関わらず、この会場で最初から最後まで、本番さながらにリハーサルを行ったということで、今日のこのステージに対するジョンフンの真剣な気持ち、さらには「リハーサルして、そして生(ビール)1つ飲んで、ホテルに帰りました。」とうれしそうに語るジョンフンの顔からも、満足いくリハーサルができたことが伝わった。
「前回7月のイベントの時より痩せました?」という質問には、「ちょっとダイエットして、遠距離ダイエット(笑)。」の回答。“遠距離ダイエット”とは、韓国にいるジョンフンと日本にいるファンとの関係を遠距離恋愛に見立てて、会いたくても会えない寂しさで痩せてしまうというダイエットのこと。
ジョンフンの「みなさんも、成功・・・、成功しましたか?」の質問に会場からはまばらな拍手が起こり、「(成功したのは)16人ですね。」とのジョンフンの判定に会場は大爆笑。
Yumiの「遠距離ダイエットはできなかったけど、遠距離恋愛並みにジョンフンさんが好きだったという方?」には会場から大きな拍手が起こった。
実際のところは、「ジムに行って筋肉の運動とかボクシングとかやって」ダイエットをしたというジョンフンだが、会場から「ボクシングをやってみて!」と言われると、照れながらシャドーボクシングを披露してくれた。「かっこいい」と大歓声が起こったが、本人的には満足いかなかったらしく「今、足に力ないんですけど、昨日のビールのせいかな?」とのこと。
続いて、「筋肉の運動は特にどこを鍛えてたんですか?」の質問にはまさかの「おしり」の回答。
Yumiも会場も大興奮でツッコミまくり、タジタジになってしまったジョンフンだったが、「一応体で大きな筋肉がおしりとこの部分(太ももの部分)だから、新陳代謝のためにこの部分を軸にやってそれで肩とか、背筋とかやってるんだけど、あんまり筋肉が今もないんですけど。」とコメント。もちろん会場からは「(おしりを)見せて~!」という声が飛んだが、「見せない!」と恥ずかしそうにしていた。
今度は現在撮影中の日韓合作ドラマ『太陽の都市』についての話題になると、その役どころがテッキョン(テコンドーよりも昔の武術)の達人ということで、練習に行ったところ、先生から「お前はあきらめたほうがいい」と言われてしまったという面白いエピソードまで披露された。テッキョンは関節がグルグルと自然に動かないと上達しないとのことで、「僕はこのくらいしかできないから。」と言ってジョンフンが開脚を見せるも、確かにちょっと硬い様子。それでも週に4、5回通っているという努力家の一面が垣間見えるエピソードだった。さらにこのドラマ『太陽の都市』では、撮影前から監督と何度も会ってドラマの話をしたり、食事をして、「ヒョン(お兄さん)」と呼ぶほどの親友になって、そのおかげで撮影がしやすくなり、「今でもみんなが幸せに撮影してます。」と現場の雰囲気まで教えてくれた。会場のファンも、これからも続く撮影に「ジョンフン、ファイティン!」の応援メッセージを送った。

20141116_JH_IMG_6913ここでまた歌のステージへ。
『二人記念日』『春恋』『ラストラブ』のバラード3部作が続けて歌われた。
トークでだいぶ緊張もほぐれたようで、だんだんといつもの伸びやかな声が出て、感情豊かに歌い上げる様子に会場のファンはうっとりしていた。
大きな拍手の中、汗を拭いて水を飲んでいるジョンフンに早速Yumiの「横向いてちょっとのど仏がグビッとなるのを(見せて)。」というツッコミが入り、会場からは笑いと歓声が。
「何回か、歌詞間違えて、(会場に)知らなかったでしょ?」とお茶目な一面も見せ、さらに汗の拭き方が美しいと言われると、照れ隠しでズボンで汗を拭き、スタイリストさんに「すみません。」と謝る一幕も。
昨日日本に来て、初めて音合わせしたという今日のバンドのメンバーについては、「みんなイケメンで見ててかっこいい。僕のマネージャーとか、バンドのみなさんとか、カッコいい人が好きで。(イケメンと一緒だと)気分が幸せになって、公演もかっこよくできる気がして。」とイケメン好き?を明かした。(ジョンフンが言うイケメンはいわゆる見た目がカッコいい人というというだけではなく、内面も素晴らしく、尊敬できる人、そして仕事の相性がいい方に対する本人なりの最高の褒め言葉とのこと。)
モヒカンスタイルのドラムのメンバーに対しては、「こういう髪の毛はいつか僕もやりたいって。」と言うと、会場からは「えー!!!」っと驚きの声が。その後もメンバーの特徴を捉えた褒め上手なジョンフンにファンも大喜びだった。
イケメンつながりでジョンフンがイケメン刑事役をした映画『パパの休日』の話題になると、10月に行われた釜山国際映画祭でのエピソードに。初めてレッドカーペットを歩いたにも関わらず、別の撮影があり一旦席に座ったものの、すぐにまた立って、ソウルに戻ったという裏事情が暴露された。
『パパの休日』は中国映画へのカメオ出演ということで、演じる上で一番気をつけたことは?という質問にはまさかの「オールベック(オールバック)にした髪の毛」との答え。
「おでこが広いのが気になって」と言いつつもチラッと見せてくれたおでこに、会場からは「かわいい」の声が。自分では「エイリアンみたい」と言っていたジョンフンだったが、おでこを出してもそのイケメンぶりは変わらなかった。
(つづく)→次頁

【動画】ジョンフン 「John-Hoon-MUSIC STAGE-」 in 豊洲PIT 囲み取材会
【写真】ジョンフン 「John-Hoon-MUSIC STAGE-」 in 豊洲PIT 囲み取材会 ギャラリー
【レポ】ジョンフン 「John-Hoon-MUSIC STAGE-」 in 豊洲PIT(2/2)

人気記事 おすすめ記事