韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年5月31日16時14分 木曜日 水木ドラマ戦争、初放送はチュウォン主演の『カクシタル』1位、キム・ソナ主演『I do I do』2位、ソ・ジソブ主演『幽霊』3位

KBS 2TV水木ドラマ 『カクシタル』が水木ドラマの初放送対決で初勝利を収めた。
31日視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチ(以下同じ基準)によると、30日に放送された『カクシタル』は12.7%の全国一日視聴率を記録して同時間帯視聴率1位を記録した。

ホ・ヨンマンの同名漫画が原作である『カクシタル』は日帝時代を背景に日本軍に抵抗する朝鮮時代の英雄“カクシタル”の活躍と愛、友情などを描く。『カクシタル』が1位に上がった中でロマンチックコメディのMBC『I do I do』とサイバー捜査物であるSBS『幽霊』がそれぞれ2位と3位を記録した。『I do I do』は10.5%、『幽霊』は7.6%の視聴率をそれぞれ示した。(スターニュース)

前枠『赤道の男』の後続となったチュウォン主演の『カクシタル』が水木ドラマ1位をとった、そして、『屋根部屋の皇太子』の後続となったのが久しぶりのドラマとなるソ・ジソブとイ・ヨニ主演の『幽霊』、『The King 2 Hearts』の後続となったのがキム・ソナ、イ・ジャンウ主演『I do I do』となる。

全クールも最初は、『The King 2 Hearts』がトップで走り、最下位だった『赤道の男』が中盤一位を保ち、その後抜きつ抜かれつをしながら、最終回では、『屋根部屋の皇太子』が有終の美をかざり一位だったので、後続番組も、どれも話題作の三作品なので、目が離せない。

『カクシタル』の演出力としっかりしたシナリオ、チュウォンの好演そして中堅俳優がまわりを確実に固めた作品でリード、ソ・ジソプの『幽霊』もエキサイティングなストーリー展開に期待感をもたせている。そして、ロマンティクコメディの女王キム・ソナも健在といったかんじの作品『I do I do』。キム・ソナは、仕事が人生のすべてであるスーパーキャリアウーマンという役。水木ドラマの中で最も明るいかんじのタッチのドラマで、また違った魅力で視聴者を攻略する予定。次週の展開を楽しみにしたい。

人気記事 おすすめ記事