韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年12月2日05時03分 月曜日 映画『EXIT』、祝・青龍映画賞 新人監督賞、技術賞、人気スター賞(ユナ)受賞! スマホでSOS信号!印象的なサバイバル本編映像解禁!

韓国で今夏940万人動員を越えた大ヒットサバイバル・パニック映画『EXIT』がついに11月22日(金)より日本公開!

先日発表された韓国で権威ある映画賞のひとつである「第40回青龍映画賞」にてイ・サングン監督が新人監督賞を受賞したほか、技術賞、さらに本作で初主演を務めたユナ(少女時代)が人気スター賞を受賞し、改めて高い評価を受けた本作。日本でも公開直後からネット上に「ハラハラドキドキ、泣いて、笑って、元気になる!」「絶対もう1回観たくなる中毒性のある映画。大傑作」「チョ・ジョンソクとユナ演じる、決してスーパーヒーローじゃない二人を応援したくなった」など絶賛の声が続出!すでに数回鑑賞しているリピーターもおり、口コミも期待できるスタートとなっている。

そして今回、有毒ガスから逃れるため、ビルの屋上に逃げ込んだヨンナム(チョ・ジョンソク)やウィジュ(ユナ)たちが、救助のヘリコプターに自分たちの存在を知ってもらうために、スマホを使ってSOSのモールス信号を送る本編映像が解禁となった!

本作では、事務用品のチョークがクライミングの滑り止めになったり、ごみ袋を使ってガスから身体を保護したり、私たちの身の回りにあるものを有効活用する場面が度々登場する。これはイ・サングン監督いわく「役に立たないように見える技術でも、十分に訓練されたものであれば、いつか役に立つことがありえる」というメッセージがこめられている。
そんな中、解禁となった本編シーンは、有毒ガスから逃げるため、ヨンナムとウィジュがビル内に残された人たちと一緒に屋上で必死に助けを求めるが、なかなか救助のヘリコプターに気づいてもらえない中、ウィジュが機転をきかせ、スマートフォンのライトの点滅でSOSのモールス信号を送ることを思いつく場面。ユナ演じるウィジュのリードで、スマホを使って「タタタタータータータタタ」と全員が声をあわせ、呼びかける様子は必死さの中にもユーモアがあり印象的で、一度見れば、思わず口ずさんでしまうこと間違いなし!これらの場面について、「登場人物が主体的に脱出方法を探すところや、身の回りの物を駆使して脱出するところが、本作を他の作品と異なるものにしています」とユナ。
果たして無事に脱出することができるのか、その行方はぜひスクリーンで!

祝・青龍映画賞受賞!入場者プレゼント第2弾決定!
絶賛公開中の『EXIT』上映劇場にて、本作の第40回青龍映画賞の受賞を記念して“青龍映画賞受賞記念カード”のプレゼント実施が決定!(11月30日より配布、無くなり次第終了)チョ・ジョンソクとユナそれぞれのワンショット両A面のファンには嬉しいデザイン、是非この期間にGETしてください!
*実施劇場、詳細は公式サイトgaga.ne.jp/exitをご確認ください。

『EXIT』
<ストーリー>
上昇してくる有毒ガス、逃げ場所は高層ビルの屋上のみ!命綱なしで逃げ切れるか!!
韓国のある都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延しはじめる。道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街‐‐‐。そんな緊急事態になっているとも知らず、70歳になる母親の古希のお祝いをする会場では、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)が、大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュ(ユナ)との数年ぶりの再会に心を躍らせていた。
しかし、彼らにも上昇してくる有毒ガスの危険が迫っていた。地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、跳び、走る!!果たして2人は無事に街を脱出できるのか—?絶体絶命の中、決死の緊急脱出がはじまる!

脚本・監督:イ・サングン
出演:チョ・ジョンソク『建築学概論』、ユナ(少女時代)
製作:カン・へジョン、リュ・スンワン『ベテラン』
原題:EXIT/製作:2018年/韓国/104分/カラー/5.1Ch/シネスコ/字幕翻訳:根本理恵
公式サイト:gaga.ne.jp/exit
配給:ギャガ・プラス
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

11月22日(金)新宿武蔵野館他 全国順次公開!

人気記事 おすすめ記事