韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年10月5日17時53分 火曜日 【レポ】INI、ITZY、ONF、RAIN(ピ)、T1419、THE BOYZ『KCON:TACT HI 5』(9月26日)

『KCON:TACT HI 5』最終日の9月26日(日)は、INI、ITZY、ONF、RAIN(ピ)、T1419、THE BOYZの6組が登場した。

【レポ】『KCON:TACT HI 5』(9月26日)

オープニングステージはONFの『Beautiful Beautiful (Opening ver.)』。

トップバッターを務めたT1419は『FLEX』を歌い、そのタイトルにちなんだコーナー“T1419魅力FLEX”では、1分間のダンスで魅力をアピールした。

そして、日本発の“サバイバル”オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生した話題のグループINIが『KCON:TACT』に初登場。番組のシグナルソング『Let Me Fly ~その未来へ~』と“宇宙初公開”となったデビュー活動曲『Rocketeer』を披露した。
“パワー紹介:はじめまして!”のコーナーでは、ボーカル、ダンス、魅力の3チームに分かれて、INIのパワーをアピール。ボーカルチームは韓国でも人気の楽曲『雪の華』のアカペラ、ダンスチームはSuperMの『Jopping』のダンス、魅力チームはひとりずつ生EYE CONTACTをした。

MISSION HI-FIVEでは、THE BOYZが3チームに分かれて乗馬、サッカー、アーチェリーの3種目で室内運動会に挑戦。爆笑&白熱の戦いを繰り広げた。

続くウムアクシル(音楽室)にも、THE BOYZからサンヨン、ヒョンジェ、ニューの3人が登場。Urban Zakapaの『널 사랑하지 않아(I Don’t Love You)』を感情たっぷりに披露した。

ONFはリオのステージなどで3曲を披露。
トークでは、ONFがファンが録画して楽しめるような彼氏動画に挑戦。メンバーそれぞれが思う彼氏像を見せてくれた。
EYE CONTACTには、E-TIONとJ-USが挑戦。
1:1 VIDEO CALLでは、ONチームはモーニングコール、OFFチームはグッドナイトコールをして、ファンを喜ばせた。
そして最後の曲を披露する直前には、ファンからのメッセージが突然流れるサプライズも。本気でビックリしながら感動しているメンバーの表情が印象的だった。

この日最初のMEET & GREETにはTHE BOYZが登場、ギグァンと一緒に『THRILL RIDE』ダンスを見せる場面も。
全員の声を聞くために、1人5文字ずつ言って文章を作り、質問に答えるという難問にも挑戦。
また、何枚かの写真からメンバーの体の部位を探すゲームでは、“ニューのひざ”などが出題された。
“リレー間食ゲーム”では、2チームに分かれて4つのゲームに挑戦。トップバッターのジュヨンが、“おでこの上のグミを手を使わずに食べる”ことができず、チームは敗北。落ち込むジュヨンをメンバーが励ましていた。

ITZYはソウルのステージなどで4曲を披露。
“魅力ITZYバトル”では、“道に落ちていた5万ウォンを拾った瞬間にMIDZY(ミッチ:ITZYのファン)に出くわした”などのシチュエーションを芸達者に表現。魅力クイーンにはイェジが選ばれた。
ファンの部屋をのぞくFAN ZONEでは、メンバー全員の写真をきれいに貼っていたフィリピンのファンが1位となり、ITZYとのビデオ通話を楽しんだ。
EYE CONTACTにはリアとイェジが挑戦した。

孤独の待機室にはTHE BOYZのジュヨンとONFのヒョジンが登場。
コンビニ新発売のお菓子をレビューするというミッションで、○×の札を持ち、アリかナシかを判定。満場一致で“餃子チップス”が1位となった。
より多くの音を出してしまったジュヨンは、“おでこの上に乗せたお菓子を手を使わずに食べる”罰ゲームに挑戦。ここでは3回目で成功していた。

MEET & GREETに登場したONFは、動物の着ぐるみパジャマ姿。
ガチャガチャから質問の入ったカプセルを引いて、TMIな質問に答えるコーナーではUが炭酸飲料のCMに挑戦する場面も。
“お茶の間ゲーム”では、ONチームとOFFチームに分かれて、状況に合わせた歌を歌う“LOVE SELENADE”、個人と団体でダンスバトルをする“STREET ONF FIGHER”の2つのゲームに挑戦。団体戦では、BEASTの『FICTION』が流れ、ギグァンも一緒に踊っていた。

K-POP COVERのスペシャルステージにも登場したONFは、BTSの『Black Swan』を披露した。

THE BOYZはパリのステージなどで4曲を披露。
LET’S HI-FIVEでは、メンバーの子供の頃の写真がスクリーンに映し出され、そのポーズを自分で再現するというミッションに挑戦。何ともいえない表情の子供時代を再現したソヌが1位となり、“エンディング妖精”の権利を獲得した。
EYE CONTACTにはソヌとヒョンジェが挑戦。
1:1 VIDEO CALLでは、ヨンフンが彼氏という設定で、日本語でファンとのビデオ通話を楽しんだ。

最後のMEET & GREETにはITZYが登場。
ファンからのメッセージが入ったフラワーバケツをプレゼントされ、うれしそうにメッセージを読み上げたり、“Roulette Dance”では、ルーレットで曲とバージョンを選んでダンスに挑戦。バージョンの中にはリアの“プロフィール写真の表情”というものまであり、メンバーたちはリアの表情を絶妙にコピーして、笑いを誘っていた。

9日間の大トリを飾ったのはRAIN(ピ)。ニューヨークのステージなどで4曲を披露した。

最後は出演アーティストからファンへの「힘내!(ヒムネ:がんばって)」というメッセージと共に、少女時代の『힘 내! (Way To Go)』を歌う映像が贈られた。

(完)←9月25日

KCON Official(www.youtube.com/kcon)とMnet K-POP(www.youtube.com/mnet)のYouTubeチャンネルでは、イベントの本公演はもちろん、アーティストリハーサルなど現場のバックステージを記録したビハインド映像とVOD配信サービスに出会えます。10月にはMnetで「KCON:TACT HI 5」のハイライト映像を放送予定です。お楽しみに。

【Mnet チャンネル情報】 https://mnetjp.com/
韓国100%エンターテインメントのCS放送局です。
最新K-POPや韓国ドラマだけでなく、バラエティや旅番組など、様々なジャンルの人気コンテンツをお届けしています。
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能。

【Mnet Smart】 https://smart.mnetjp.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。
Mnet KoreaとMnet Japanのリアルタイム視聴ができるほか、番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネットデバイスで、好きな時に好きな場所から好きなだけオンライン視聴できます。