韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年6月15日16時18分 金曜日 俳優D.O.(EXO)の新たなる挑戦!究極のシチュエーション・サスペンス『7号室』、俳優D.O(EXO)の様々な表情に注目、新場面写真解禁!

人生の岐路に立たされた、男二人の駆け引きを描き、D.O.(EXO)とシン・ハギュン共演で話題となった映画『7号室』が8月4日(土)よりシネマート新宿他ほか全国公開が決定!
この度、俳優としてもオファーの絶えないEXOのD.O.の新たな魅力が感じられる新場面写真(6点)が解禁となりました!

潰れかけの個室DVD店で事件勃発。7号室の扉を開けたいバイトと、開けたくない社長、今人生を賭けた壮絶な戦いが幕を開ける―。本作は、D.Oとシン・ハギュンという、タイプの異なる二大スターが夢のコラボを果たし、限定された空間で起こる手に汗握る究極の心理戦を描いたシチュエーション・サスペンス。
絶大な人気を誇る次世代グループ“EXO”のメンバーであり、俳優としても映画・ドラマ出演のオファーが絶えず、『純情』や『あの日、兄貴が灯した光』などでは正統派な役を演じてきたD.O.は、本作でトップアイドルの殻を脱ぎ捨て、タトゥーや喫煙シーンもいとわない“新生D.O.”へと変身、ミュージシャンになる夢を追いかけながらも影のある等身大の青年を見事に体現している。

本作出演にあたって、D.O.は「僕が演じたテジョンという役は、大学の学費返済のために個室DVD店でバイトをしている休学生。首にタトゥーをいれていたり、どこか尖っていて、これまでに演じたことのないキャラクターだったことにも惹かれ、とても演じてみたくなりました」と出演を決めた理由を語る。 
さらにテジョンというキャラクターについてイ・ヨンスン監督とたくさん話したそうで、今回解禁となった新場面カットにもある首筋のタトゥーについては「このタトゥーに書かれているのは“すべての人を満足させるために努力する必要はない”という言葉です。テジョンというキャラクターに一番似合う言葉は何かと考えた時にこの言葉がぴったりだったのです」と話すなど、俳優としてのこだわりも感じさせるD.O.。「実際の僕とは違う」というキャラクターを通してみせる、D.O.の新たな魅力も要チェックだ。

また、6月16日(土)より、第2弾の特典付き鑑賞券が発売開始!第2弾は、韓国版、インターナショナル版のポスタービジュアルを配した、ここでしか手に入らない特製クリアファイルをプレゼント!数量限定(一部劇場のみ販売)にてお早めに!
さらに、タワーレコード新宿店および梅田NU茶屋町店にて『7号室』パネル展&キャンペーンを実施予定!
詳細は公式サイトまで

『7号室』
パンドラの扉の先にある、男たちの未来とはー
ドゥシク(シン・ハギュン)が経営する個室DVD店は、赤字続きで倒産寸前。給料を滞納されているアルバイト店員テジョン(D.O.)は、多額の報酬を支払うという麻薬密売人の話に乗り、預かったブツを店内の「7号室」に隠す。そんななか、早急に店を売却したいドゥシクは、アルバイトを増やして大繁盛を装う。その甲斐あって売買契約を希望する相手が現れるが、新人バイトが店内で不慮の事故で死んでしまう。パニックに陥ったドゥシクは死体を「7号室」に隠し、誰も開けられないようドアを施錠。密売人との約束で麻薬を取りに戻ったテジョンは、隠し場所に入れず大ピンチ!“秘密の小部屋”をめぐり、運命をかけた壮絶な攻防戦に突入する──
監督:イ・ヨンスン
出演:D.O.(EXO)『あの日、兄貴が灯した光』『純情』 シン・ハギュン『高地戦』『悪女 AKUJO』
(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
8月4日(土)より シネマート新宿ほか 全国順次ロードショー
公式サイト:http://roomno7.com/

人気記事 おすすめ記事