韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年10月18日09時20分 月曜日 『第34回東京国際映画祭(TIFF)』、10月30日(土)~11月8日(月)開催!韓国作品は『オマージュ』が上映!

『第34回東京国際映画祭(TIFF)』が10月30日(土)~11月8日(月)にて開催されます。

今年からは六本木地区から映画の街である日比谷・有楽町・銀座エリアへと移転します。また、これまで東京フィルメックスを牽引し、ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーといった海外作家の作品をプロデュースしてきた市山尚三さんが新たにプログラミング・ディレクターへ就任しました。ディレクターの変更は17年ぶりとなります。さらに部門の改変なども含め、東京国際映画祭が新たに生まれ変わる年になります。

今年のTIFFのテーマは「越境」。コロナによるコミュニケーションの断絶、男女差別、経済格差、国際紛争、色々なボーダーが世界にはありますが、そういったものを乗り越えて、さらにその先にある映画の姿を観て頂きたいという思いが込められています。今年のポスター監修は、世界的なデザイナーのコシノジュンコさん。衣装はコシノさんがデザインしたもので、江戸時代の絵師・伊藤若冲の鳥をモチーフにしたものとなります。また、今の日本のミュージックシーンのトップランナーであるKing Gnuの常田大希率いるミュージシャンだけでなく、映像ディレクターやデザイナーまでも内包する気鋭の音楽プロジェクトmillennium parade による「Bon Dance」が“第34回東京国際映画祭フェスティバルソング”となりました。映画祭のフェスティバル・アンバサダーには、女優の橋本愛さんが起用され、コンペティション部門の審査委員長には、世界的に活躍する女優・イザベル・ユペールさんに決まりました。

オープニング作品はハリウッドの伝説、クリント・イーストウッド監督が主演も兼ねた最新作『クライ・マッチョ』。クリント・イーストウッド監督の50周年記念作品でもある本作は、人生に失敗した男と親の愛を知らない少年がメキシコを横断していく中で人生に必要な「本当の強さ」とは何なのか?を見出してく感動作になっており、映画祭の開幕を熱く盛り上げます。クロージング作品は『ディア・エヴァン・ハンセン』。先のトロント国際映画祭のオープニングを飾った本作は、『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』の音楽チームで贈る大ヒットミュージカルの映画化作品で、1通の手紙と“思いやりの嘘”をきっかけに<本当の自分>に気づくまでの過程を描く、希望に満ちた物語が映画祭の終幕を飾ります。

今年のコンペティション作品は半分以上が女性主人公の映画となりました。その多くは男性中心の社会のシステムに対して戦う女性たちの話です。今、世界的に、女性の立場から社会の不正をただそうという動きが起こっており、それが映画に反映されているのではないかと思います。113の国と地域、1,533本もの応募の中から15作品がコンペティション部門に選ばれ、バフマン・ゴバディ監督やブリランテ・メンドーサ監督など名だたる監督の作品や、日本からも松居大悟監督による『ちょっと思い出しただけ』と野原位監督による『三度目の、正直』の2作品が選出されました。

「Nippon Cinema Now」部門は、今年つくられた作品の中で素晴らしいと思うものを紹介する部門で、『ヒメアノ~ル』(16)、『愛しのアイリーン』(18)、『BLUE/ブルー』(21)、そして最新作の『空白』(21)と、いずれの作品も上質なエンターテイメントでありながら観る人の心を強く揺さぶる衝撃作を発表し続ける、𠮷田恵輔監督を特集します。
是枝裕和監督を中心とする検討会議メンバーの企画のもと、アジアを含む世界各国・地域を代表する映画人と第一線で活躍する日本の映画人が語り合う「トークシリーズ@アジア交流ラウンジ」が昨年に引き続き開催されます。西島秀俊さん、永瀬正敏さん、濱口竜介監督、細田守監督、ポン・ジュノ監督、イザベル・ユペールなどのトークイベントが盛大に行われます。
その他、松田聖子さん初監督作品の上映など、話題作が盛りだくさんで約100本の作品が上映されます。

韓国の作品は以下の通り。

オマージュ/Hommage[오마주]
仕事に行き詰まった韓国の女性映画監督が映画の修復の仕事を依頼される。その作業は自国の女性映画監督が辿った苦難な道のりを明らかにする。『パラサイト』(19)のイ・ジョンウンが主演。
監督:シン・スウォン
キャスト:イ・ジョンウン、クォン・ヘヒョ、タン・ジュンサン
108分/カラー&モノクロ/韓国語/日本語・英語字幕/2021年/韓国

第34回東京国際映画祭
開催期間:2021年10月30日(土)~11月8日(月)
会場:日比谷・有楽町・銀座地区
公式サイト:www.tiff-jp.net

TIFFCOM 2021
開催期間:2021年11月1日(月)~11月3日(水・祝)
会場:オンライン
公式サイト:www.tiffcom.jp

人気記事 おすすめ記事