韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年9月8日12時54分 水曜日 “時代劇キング”パク・シフが、「王女の男」以来9年ぶりの時代劇主演!「風と雲と雨」、2021年10月6日(水)DVDリリースを記念して第1回公開!

“時代劇キング”パク・シフ主演の2021年NO.1韓国時代劇「風と雲と雨」のDVDが2021年10月6日(水)よりリリース開始となります。

「検事プリンセス」「黄金の私の人生」「バベル~愛と復讐の螺旋(らせん)~」などラブコメからメロドラマまで多くのヒット作でファンを魅了してきた人気俳優パク・シフ。そんな彼が「王女の男」以来実に9年ぶりに時代劇に帰ってきた!
本作で演じるのは、両班に生まれながら陰謀により没落するも、易学を学び朝鮮最高の観相師となる主人公チェ・チョンジュン。序盤では優雅な貴公子の魅力でプリンスぶりを印象づけたかと思えば、父を殺され運命の女性と引き離されてからは、復讐心を胸に秘めたキングメーカーとして華麗なる存在感を発揮。白い韓服に身を包んだ朝廷での気品ある姿や、黒装束を纏ったときのワイルドなカッコよさと切れのいいアクション、さらに愛する女性の前で見せる少年のように無垢な笑顔など、魅力溢れる幾つもの顔を披露!その演技は回を重ねるごとに話題を独占!王位をめぐる権力闘争の渦中で魅せるカリスマ性は“華のある役者”パク・シフの真骨頂を改めて知らしめる結果に!パク・シフ最強の時代を謳い上げる代表作がついに誕生した――!

朝鮮王朝末期を背景に、国家の命運を握る“影の英雄(キングメーカー)”となった男の戦いを描く本作。エリート出身のチョンジュンが民衆の味方となり、朝鮮きっての知勇の士に成長していく姿が高揚感を盛り上げる。見どころは、王族たちの野望と権力欲にまみれた熾烈なる王位争奪戦。中でも圧巻は、次代の王を予言するチョンジュンと、息子を王にすべく野望を露わにしていく興宣大院君との火花散る確執!互いに拮抗した関係が演じる二大役者のパワーと相乗効果で激突しあい、釘付けとなること請け合い。こうした史実を絡ませた面白さの一方で、切ないまでのラブロマンスが感動を呼ぶ。
巫女の娘として生まれたボンリョンは実は王様の隠し子であり、さらに神の力を持つために王族から利用されるなど過酷な運命に翻弄される。どんな逆境に見舞われても彼女を守り抜くチョンジュンの強い愛が胸を打つ。その人間力、生きざま、全てが現代に生きる我々に前向きの勇気をくれる、新たなる時代劇のヒーローが誕生した!

“時代劇キング”パク・シフの華麗な魅力に釘付け!2021年10月6日(水)のDVDリリースに向けて期待感高まるなか、
「風と雲と雨」のリリースまで待てない韓国時代劇ファンの期待に応えるべく、第1回を特別公開!
https://youtu.be/E7wfzjmrmQw

1862年、哲宗(チョルジョン)在位13年壬戌。ミン・ジャヨン(後の明成皇后)について占っていた霊能力者のイ・ボンリョン(コ・ソンヒ)翁主は、「興宣君(フンソングン)が恐れる人物がここに来ます」と警告。その言葉を聞いたイ・ハウンは「チェ・チョンジュンを捕まえたものには褒美をとらせる」と部下たちに言い渡す。その帰り、チェ・チョンジュン(パク・シフ)に輿を停められ「顔が見たい」といわれたボンリョンは、部下の制止を押し切り輿から降り、姿を見せた。するとチョンジュンは「ずっと捜していた人を見つけた。思い出させてやる。もう二度と放さない」と言って、仲間と共にあっという間に護衛を制圧すると、ボンリョンを気絶させてアジトに連れ去った。翌朝、ボンリョンは目覚めたものの、薬によって過去の記憶を失わされ、チョンジュンとの記憶がないという。そんなボンリョンに2人の過去を話し始めるチョンジュン。過去、名家の長男として生まれ17歳で科挙に首席合格したチョンジュンと巫女の娘ボンリョンは運命的に出会い、恋に落ちていたのだった・・・。波乱に満ちた愛と野望を描く本作の続きはDVDレンタル、U-NEXTでお楽しみください!

「風と雲と雨」
DVD-SET1 10月6日(水)発売
DVD-SET2 11月3日(水)発売
DVD-SET3 12月3日(金)発売
各14,740円(税抜13,400円)
※10月6日(水)よりDVDレンタル開始
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2020 TV Chosun
※10月6日(水)よりU-NEXT にて独占先行配信開始!https://bit.ly/3wFZ47n
公式サイト:https://kandera.jp/sp/kazekumoame/
予告編:https://youtu.be/iV1rpEVPVoU(ナレーション:高橋英樹 期間限定配信)

  

人気記事 おすすめ記事