韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年9月7日12時57分 月曜日 【レポ】JO1(ジェイオーワン)セカンドシングル『STARGAZER』発売記念ショーケースイベント終了後挨拶~川西のウナギを河野が…!?コロナ自粛期間中の自主練方法、與那城が『My Friends』に込めた思いも!

【レポ】JO1(ジェイオーワン)セカンドシングル『STARGAZER』発売記念ショーケースイベント終了後挨拶

イベント終了後には、マスコミ向けに今回のイベントを終えての感想、セカンドシングル『STARGAZER』に込めた思いなどが改めて語られた。

―2月のファンミーティング以来、久しぶりのステージ上でのパフォーマンスはいかがでしたか?
河野久しぶりに僕たちのステージに立たせていただいて、ファーストシングル以上に僕たちの成長した姿を見せることができたんじゃないかなって思います。
金城毎回こういうパフォーマンスをさせていただく時に思うのが、本当にたくさんのスタッフの方やもちろんJAM(ジャム:JO1のファン)の方にも本当にたくさん支えられてできてることだなと、メンバー含め全員思っています。
僕自身、ダンスも歌もかなり成長した部分があるのでそこにもぜひ注目してもらえればなと思いました。
鶴房本当はお客さんを入れてしたかったですけど、こういう形でも本当にうれしいですし、今回、木全と僕はちょっとカッコいいところ見せたいなと思って、マイクでラップをしたんですけどちょっと…やっちゃいました(笑)。振りを間違えて忘れちゃったっていう…すみませんでした。
木全久しぶりの大きい会場でのパフォーマンスで、いつも以上にフワフワした気分で、楽しいのとフワフワでよくわからなかったですけど、次はお客さんもちゃんと入れてやりたいなと思っています。
川西久しぶりにステージに立ってパフォーマンスをしてみて、やっぱりステージに立つことが僕は本当に好きなんだなと、改めて実感しました。今回このような形になったんですけど、新しい時代が来てるんだなと。ただやっぱりファンの方にも会いたいので、僕たちがこれからも全力でがんばって、実際に会ってパフォーマンスできるように、これからもがんばっていきたいと思いました。
川尻こういった世の中の状況の中で、ライブ配信という形ではあるんですけど、JAMのみなさんに直接僕らのパフォーマンスをお届けできたというのは本当にありがたいことですし、本当にうれしかったです。こういった状況の中で、色んな思いだったり、僕たちも色々伝えたいメッセージとかもたくさん出てきた時期でもあったので、セカンドシングルに込められたメッセージプラス、今の僕たちからみなさんに届けられる気持ちっていうのを直接こうやって配信でお届けできたのは本当にうれしいことだなと思いました。
豆原今日はステージに立たせていただいてすごく楽しかったですし、やっぱりステージに立つと、1月と2月にやらせていただいたファンミーティングをすごく思い出すなと思って。でも今日はファンのみなさんはいなかったですけど、配信という形でやらさせていただけて、すごく自分の中でも申し訳ない気持ちと、これからまたがんばってやっていかないといけないなという気持ちがすごくて、次は絶対にファンのみなさんに会ってやりたいと思うので、今後もよろしくお願いします。
白岩2月のファンミーティングで僕らとJAMのみなさんが会ったのが最後って考えると、相当寂しい思いをさせてしまってるなというか、待たせてしまっているなというのがあって、僕らも会えなくて寂しいんですけど、でも次会った時とか、今日みたいに配信越しで会った時に、パワーアップした姿を見せたいなと思ったので、僕たちも会えない時間もすごくがんばったので、これからもがんばって、みなさんがカッコいい姿を見て元気だったり、後押しできる力になればなと思って、精一杯これからもがんばりますので、応援よろしくお願いします。
大平僕もステージに立てることが本当に幸せだなと思ってて、改めてステージに立って、ステージに立つのが本当に大好きなんだなと思って。この大きな会場で、(この会場を使えることが)本当に当たり前なことじゃないですし、そしてお客さんがいないのも絶対何か意味があるなと思って。だから次、JAMのみなさんに会える機会があったら、お互い絶対幸せだろうし、それまでに僕たちももっと成長してがんばるので、これからも応援してください。
佐藤リモートという形になってしまったんですけど、すごい気持ちよく踊れたし、パフォーマンスできたし、何かファンのみなさんとひとつになれた感じがしました。だけどやっぱり直接お会いしてパフォーマンスを見せたほうがよりひとつになれると思うので、絶対に早く会えるように僕たちが準備するので、それまで待ってください。
與那城今回こういう形で画面を通じてファンのみなさんと僕たちのセカンドシングルのパフォーマンスを見せられたことが、非常にうれしく思っています。新型コロナの影響でどうしても直接会えない期間が増えてますので、僕たちが何か伝えられるんじゃないかという思いをそれぞれ11人持っていますので、これからもしライブができるようになれば、その熱い気持ちを今以上にファンのみなさんに届けられると思いますので、その時までぜひ待っていてくださいと伝えたいです。

―今回のオンライン配信で久々にファンのみなさんに向けてパフォーマンスができて、手応えはいかがでしたか?
河野新型コロナの影響でステイホーム期間であったり、色んな期間を通して、やっとファンのみなさんに僕たちのパフォーマンスを観ていただける機会を作れたので、その準備の期間というのはファーストシングル以上に僕たちも気合を入れて準備してきたし、今回のセカンドシングルコンセプトである“成長痛”、僕たちまだまだ成長していってるなって感じをここにもそうだし、シングルもそうだし、その姿っていうのをステージでしっかり見せられたんじゃないかなって思います。

―コロナの影響でなかなか活動できない時期も続いたと思いますが自粛期間中はどのような練習をしていましたか?
金城自粛期間中は本当にそれぞれだと思うんですけど、部屋がひとつ余っていて、そこで順番交代で、LINEし合って、「今日何時から何時までは僕が使う」とか決めて、ダンスの練習をしていて。僕自身は歌のことに関してもそうなんですけど、本当に今が自分のことを磨くチャンスだなと思って、独学で筋力的なトレーニングだったり、自分たちの過去の映像を観てどういう動きがいちばんカッコいいのだろうかとか、そういう研究をしたり。あとは歌声ですね、僕は。自粛期間中からずっとボイストレーニングを欠かさず毎日やっていて、先生に言われたのが喉も筋トレなので、毎日欠かさずやることが大事というふうに言われていたので、いつかもっと高音ボイスができるようになったら、パフォーマンスにももっと影響力が出てつながるんじゃないかなと思って、個人的にはそういう練習をしていました。

―セカンドシングル『STARGAZER』のコンセプト
鶴房僕らを見てわかる通りの学生なんですけど、学生の頃ってやっぱり未来への夢と期待もありながら、不満とか悩みも絶対に抱えてると思うんですよ。その中で僕らもその悩みや不安を「一緒に抱えてるよ」とか「一緒に進んで行こうよ」みたいな、そういうメッセージが込められております。

―『OH-EH-OH』の楽曲の魅力
木全『OH-EH-OH』はパートによってすごい曲の雰囲気が変わるので、そういったところを聴いていただけると、『OH-EH-OH』をより楽しめるんじゃないかなと思います。

―『STARGAZER』制作の中でのメンバーの裏話
川西MV撮影時に、久しぶりに11人のメンバーとスタッフさんと食事を一緒に食べて、いいものを作るためにみんなで同じ時間を過ごすっていうのをしました。本当に久しぶりに食べて、すごい楽しかったですよね。
河野何食べたかは知らないですけど。(「めっちゃウナギ食ってた」とツッコまれ)あ~思い出した!和食や!
川西僕のウナギも食べたじゃないですか。
河野美味しかったです!
川西そういう時間を過ごしたのがすごい良かったなと思いました。

―『OH-EH-OH』のダンスの見どころ
川尻ファーストシングルでは“筋肉キス”というキャッチーな振り付けが入っていて、今回の『OH-EH-OH』ではジャケットを使った“ジャケットダンス”っていう振り付けがあるんですけど、すごく簡単でキャッチー振り付けなので、ぜひみなさんに真似していただきたいなっていうのと、YouTubeだったりTikTokなど公式のSNSにも僕らが踊っている映像があるので、そちらも観ていただいて、一緒に楽しめたらいいなと思っています。

―ストーリー仕立てでJO1が演技に初挑戦した『OH-EH-OH』MVの観てほしいポイント
豆原ティーザーでもあったんですけど、戦うシーンはすごく迫力のあるシーンになっていて、人工で雨を降らせたんじゃなくて、本当にその日天候が悪くて、本当だったら雨のシーンじゃなかったんですけど、あの日がたまたま雨が降っちゃって、それがすごくいい味になって、カッコよく演技ができてるんじゃないかなって思うので、本編ではまだあると思うので、そこをぜひ観ていただきたいなと思います。

―『GO』の楽曲の魅了
白岩ハウスリズムにトレンディなメロディーラインが似合うダンス曲になっております(笑)。これを言ってもあんまり伝わらないかなと思うんですけど、JO1の中でも結構難易度の高いダンス曲になっていて、『OH-EH-OH』のジャケットダンスもそうなんですけど、「よしやってやる!」って方がいたら『GO』とか『So What』も真似してダンスしていただけたらうれしいなって思います。本当に難しいダンス曲です。

―『So What』の楽曲の魅了
大平とても力強いHIP HOP調の曲なんですけど、サビの頭に「♪So What」って日本語訳にすると「だから何?」って歌詞があるんですけど、「だから何?」って歌詞があるように、僕たちJO1のスタイルで、力強く進んで行くメッセージがこもった楽曲になっています。

―『STARGAZER』の衣装のモチーフは学生服ですが、学生時代はどんな夢を描いていましたか?
佐藤僕はアベンジャーズになりたかったです。アベンジャーズって史上最強のチームじゃないですか。僕はそのアベンジャーズがすごく好きで、アベンジャーズになりたいなと思っていて、ずっと夢だったんですけど、こうして時が経って、僕ら最強のチームを見つけたなって思って。(「名前は?」と聞かれ)…JO1。アベンジャーズにまだ勝てるかどうかわかんないですけど、本当に史上最強のチームなんで、夢が叶ったなって思いました。

―今回『My Friends』という曲で、プロとして初めて歌詞を手がけましたが、歌詞作りに挑戦しようと思った理由は?どんな思いを乗せて作りましたか?
與那城歌詞を書こうと思ったきっかけは、僕たちがJO1に選ばれてからすぐ、自分の気持ちであったり、今までの『PRODUCE 101』への思いが強かったので、今まで練習してきたものや、出会ってきた人たちのことについて、何か形にして残したいなっていうのがすごいあって、そこで歌詞を書きました。そして韓国でファーストシングルの収録をしている時に、「こういう歌詞を書いたので形にしませんか」っていう相談をして、何とセカンドシングルで僕の歌詞を書いた曲が入ったという、非常にうれしい限りでございます。

最後に與那城が、「これから僕たちまだまだ活躍していきますので、応援の程、よろしくお願いします」という言葉と共にスタッフや関係者に感謝の気持ちを伝え、挨拶は終了となった。

コンセプトの“成長痛”が表す通り、2月のファンミーティングから大きな成長を遂げたJO1。
まだまだこれからも成長してくという意気込みが強く感じられたイベントとなった。
ファンとの再会が早く実現することを祈るばかりだ。

イベントレポ→こちら
フォトギャラリー&セットリスト→こちら

【リリース情報】
「STARGAZER」
2020年8月26日発売

<初回限定盤A(CD+DVD:特典映像 メイキング+JO1 School)>
¥1,727(税抜)/¥1,900(税込) 品番:YRCS-90181
1.OH-EH-OH
2.So What
3.KungChiKiTa(JO1 ver.)
4.My Friends
※初回プレス限定封入特典
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(限定盤Aバージョン11種類の中から1枚をランダム封入)

<初回限定盤B(CD+フォトブックレット)>
¥1,727(税抜)/¥1,900(税込) 品番:YRCS-90182
1.OH-EH-OH
2.Voice (君の声)
3.GO
4.My Friends
※初回プレス限定封入特典
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(限定盤Bバージョン11種類の中から1枚をランダム封入)

<通常盤(CD)>
¥1,273(税抜)/¥1,400(税込) 品番:YRCS-90183
1.OH-EH-OH
2.So What
3.Voice (君の声)
4.My Friends
※初回プレス限定封入特典
(1)応募抽選券(シリアルナンバー)1枚
(2)トレーディングカード1枚(通常盤バージョン11種類の中から1枚をランダム封入)

□JO1公式サイト:https://jo1.jp/
□JO1公式twitter:https://twitter.com/official_jo1
□JO1公式instagram:http://instagram.com/official_JO1
□JO1公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCsmXiDP8S40uBeJYxvyulmA
□JO1オフィシャルファンクラブサイト:https://fc.jo1.jp/

【Amazon.co.jp限定】STARGAZER【初回限定盤A】(CD+DVD)(メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】STARGAZER【初回限定盤B】(CD+フォトブックレット)(メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】STARGAZER【通常盤】(CD ONLY)(メガジャケ付)

人気記事 おすすめ記事